« 洋食屋「らすぷーる」のちょっと変わったオムライス(本文追加) | Main | 今日の一枚:雪の井の頭池+人質事件について一つだけ »

吉祥寺のケーキ屋さん「レモンドロップ」:シフォンケーキ二連ちゃん・その1

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


151029_ld_1


通常、週末は吉祥寺の中心部を避けているのですが(人が多くて疲れるので!)、先週末は所用でやむを得ずでかけまして。

案の定人ごみでぐったり。とにかく休憩しようと、私にしては珍しくケーキ屋さんなんぞに入ってしまいました。


入ったのは、「吉祥寺のケーキ屋さん」といえば必ず名のあがる「レモンドロップ」本店。ベーシックかつ気取らないケーキは、老若男女問わず好まれるのではないでしょうか…というか個人的に好きなんですけど(笑)

レモンドロップはアトレにも店舗がありますが(9年前にご紹介してました!)、本店のカフェスペースを利用するのは今回が初めてです。

座ったのは店の入り口からすぐの席。向こう側には、色とりどりのケーキが並んだショーケースがまぶしい(笑)


151029_ld_2


レモンドロップは創業1980年とか。ここのケーキは、趣向を凝らしたスイーツが百花繚乱の現在では懐かしささえ漂う、「昔ながらのケーキ」です。カラフルで、ボリュームもあって、見るとなぜだか笑顔になっちゃうような明るい雰囲気のケーキなんですよね(笑)。


そんな中で今回私が選んだのは、昔ながらなうえに見た目が地味~な、紅茶のシフォンケーキでした。

一昨年あたりからシフォンケーキに目覚めたのはこのブログでもちょくちょく書いている通りなのですが(エンゼルフードの話あたりを参照)、自分で作るようになると、外ではあまり食べなくなってしまうんですよね。それにシフォンケーキは「普段着のケーキ」って感じで、家でパクパク食べたいもんなあ。

でもレモンドロップのシフォンケーキは「この店のが一番好き!」というファンも多いようで。今回は勉強のため(?)、久々にプロのシフォンケーキをいただきました。


151029_ld_3


アールグレイのシフォンケーキは、まわりが口当たりの軽いクリームでおおわれ、素朴でありつつ「ちょっとおめかし」な感じ。
個人的にはシフォンケーキにはクリーム類がついていないほうが好きなのですが、「お店のケーキならこれくらいはしたいよね」という感じでしょうか(笑)

ちなみに大きさが結構あります!この、レモンドロップらしいケチケチしないサイズ感が好ましい(笑)


151029_ld_4


シフォンの生地は、フワンフワンのタイプ。全体がふんわりと膨らんで、フォークで切ろうとすると、フワワン、フワワンと、まるで遊んでいるように伸縮します(笑)

うわーん、これ、手でちぎりたいよー! このフワフワを手でちぎって、大口でぱくっと食べたい!
でもクリームがついているし、何より人前だしなあ…

ということで、フォークで無理やりムニュッと切って口に運びました(笑)

すると、これがまたなんともやさしい口当たりで。ほわーんと軽く甘さも控えめで、そんな中に紅茶のいいかおり。ホントにいくらでも食べられそう。最初出てきたときには大きいなあと思いましたが、実際に食べてみると、もう一つ食べたくなってしまいます…いや、今回は我慢しましたけどね(笑)


あー、シフォンケーキってやっぱり面白い。それに、たまにはこうしてプロのケーキを食べてみなくちゃ、ですね!

そして、次回はテイクアウトで持ち帰って、手で食べたい(笑) あのフワンフワンを手でちぎって食べたら最高でしょ、きっと!


そんなわけで、レモンドロップのケーキは基本的に何を食べてもおいしいと思いますが、おススメがまた一つ増えました。


さて、シフォンケーキ二連ちゃん・その2はこちらです!これまたタイプの違う、気取らないシフォンケーキでした。


|

« 洋食屋「らすぷーる」のちょっと変わったオムライス(本文追加) | Main | 今日の一枚:雪の井の頭池+人質事件について一つだけ »

吉祥寺・CAFE」カテゴリの記事

吉祥寺・スイーツ」カテゴリの記事