« おなじみのアレがアレに!@アトレ吉祥寺期間限定ショップ | Main | 「宵の実」で心穏やかに »

シン・ゴジラの旦那評と「京都に行きたかった病」第四形態

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


「京都に行きたかった病」第4形態


このブログを日々ご覧くださっている方は薄々お気づきかと思いますが、ここしばらくの間、旦那が仕事で留守にしていまして。現在、一瞬だけ帰国中で、また間もなく渡航するのですが。


私がシン・ゴジラが良かった良かったというものだから
(+取引先の方にも強く勧められたそうですが)、忙しい準備の合間を縫って観に行ってきたのです。

で。

もう、ファンの皆さまゴメンナサイね。旦那、酷評(苦笑)

いや、もともと、設定が漫画チックなものはダメかな?とも思ったのですが、思った以上に酷評でした。私が絶賛したのが逆に良くなかったなあ…


以下、ネタバレ気味ですが、旦那の感想を挙げると、

  • 政治ドラマ、人間ドラマの部分はまあ面白かった、けど、
  • 音がひどすぎる。音のレベルがシーンごとにばらばらで、それがぶつぶつとつながれていて、終始それが気になって、集中できなかった (←えっ、そこ!?
  • 編集もシーンがぶちぶち切れている印象で、無理やりつないだ感じ。もうちょっとちゃんとした編集だったら違ったんじゃない? (←だいぶ短く編集したらしいですが、もしかすると旦那がアニメ的なテンポに慣れないせいもあるのかも?)
  • ゴジラがまるでビニールのおもちゃの人形みたいに見える。それに背中から光線出すか?(← まあ、それは、ねえ 苦笑 でもあの光線が仰天シーンでもあったからなあ)
  • 自衛隊がもっと活躍するのかと思ったら、全然。出てくるのは出てくるけど、装備カタログみたい。しかもそれがまるで活躍できなくて、あれじゃあ「自衛隊の装備は役に立たない」っていっているような感じ(← いや、ゴジラの脅威を強調するための描写でね)
  • 自衛隊のシーンが実写からCGになるのがあからさまにわかってちょっと。「エア・フォース・ワン(映画)」を思い出した(←あ、あそこまでひどくないでしょ 苦笑)
  • 石原さとみの役は何?あんなポジションの人、実際にいるの?(←うーん、そういう声は多いねえ でもいいのよ、さとみちゃんは華なんだから!)

  • 石原さとみちゃんがルー大柴的だという話が

    (私は目立ちすぎるイヤリングがちょっと気になったなあ。ピアスじゃないのは、メリケンでも良家のお嬢さんはピアスはしないっていう描写なのかな?単にさとみちゃん本人にピアスホールがないから?)


  • 政治ドラマの部分は確かに大人向けかもしれないけど、映画全体は子ども向けだと思うけど(←どうも「怪獣映画」という印象がぬぐえなかったっぽい)
  • 総評・面白くないとは言わないけど、期待の100分の1だった

きつっ!きっつーー!

まあ、上記の通り文字で羅列するときついんですが、見ているところが私とは違うということと、この手の設定が旦那の理解(もしくは許容)の範疇を越えている、という感じなのかな。漫画・アニメを見ずに育った旦那には、この手の映画はやっぱりダメなんだなあ、というのが、旦那の評を聞いて感じた印象でした。

いずれにしろ、大好評のシン・ゴジラでも、中にはこういう感想の人もいましたよ、ということでご参考までに。トホホ。(でも私は、もう1回映画館で観たいと思っているんだけどなあ?)

ちなみに、旦那が気に入っていた映画は何だったかなあと思い起こしたら、「ビッグ・フィッシュ」に涙し、一方で「チャーリーとチョコレート工場」は酷評していました。同じティム・バートン監督の同時期の作品なのですが、旦那基準では相当に違ったようです(そういえばティム・バートン監督はゴジラファンだそうな)


+ + + +


さて、シン・ゴジラの話はここまでにして、「奈良・京都に行きたかった病」の話。

病(?)がいよいよ第四形態に進化しまして(まだシン・ゴジラがかぶってますが)、本日、葛餅を自作してしまいました… それも、吉野本葛で(笑)


自作葛餅


ちなみに、病の第一形態はこちらのくず餅。この時点ではまだ旅行は計画中で、病が表面化していなかったので(笑) 第二形態第三形態は、それぞれサンドイッチね!

自作の葛餅、お砂糖に白砂糖ではなくきび砂糖を使ったので茶色っぽくなってしまいましたが、第一形態のくず餅とは違ってそれでも透明感があるでしょう?プニプニしておいしかったなあ(でも吉野本葛って高いから、自作しても安くならないんだよなあ…)


そして今日の夜は、白米代わりに京うどんを作ってみました。初めて作った!


160820_kyoto_3


汁にとろみをつけて、お揚げは別に、甘い味付けで煮ています。いつものうどんとは全然違う味付けですが、旦那に大好評でした。

京うどんも、京都で食べたかったんですよねえ。


でももう、自分で作ってしまうところまで行くとこの「京都に行きたかった病」も最終形態で、あとは実際に京都に行ける日まで凍結でしょう(だから微妙にネタバレだって…)

京懐石よりこういうお手軽なものが食べたいっつーのが、我ながらど庶民だなあ(笑)

|

« おなじみのアレがアレに!@アトレ吉祥寺期間限定ショップ | Main | 「宵の実」で心穏やかに »

ウチメシ」カテゴリの記事

今日の一枚」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事