« メルヘン@アトレ吉祥寺のサンドイッチを初めて食べた | Main | 今日の一枚:嵐の前の… »

世界がその日を境に一変するということ

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


ある日の空


8月15日。今日は71回目の終戦記念日でした。


この日は長かった戦争が終わった日ですが、今80代、90代の、本当に戦争を体験した世代の人たちにとっては、それまでの価値観、いわば「世界」が突然一変した日でもあったんですよね。

今まで正しいと信じてきたことが間違いだったということになり、憎むべき敵と思っていた相手に従属することになる。

そういう経験を、私はいまだかつて、したことがない。

東北の友人は、2011年の3月11日で世界が変わった、と言っていました。
でも、それよりも大きな変動で、自分の「根本」が揺らいでしまった人も多かったことでしょう。


この戦争で亡くなられた約310万人の方々のご冥福をお祈りします。

そして、一変してしまった世界の中でも立ち上がり、日本をここまで建て直した先人の皆さんに、深い感謝を。


写真は先日見た、不思議な夕暮れの空です。
太陽と地形(山?)の関係だったのでしょう、黒いビーム(矛盾)が発射されているような、奇妙な光景でした。

これ、ゴジラを見る前だったのですが、見た後だったら「ガッズィーラが出てきそうだわ!」とか思ったんだろうなあ。(あ、映画そのものとは関係ないのでネタバレではありません!ご安心を)(微妙にアレだけど)

|

« メルヘン@アトレ吉祥寺のサンドイッチを初めて食べた | Main | 今日の一枚:嵐の前の… »

今日の一枚」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事