« April 2017 | Main | July 2017 »

100%カカオは苦いというより酸っぱかった

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


カカオは苦いというより酸っぱかった


すんません。吉祥寺とは関係ないうえに去年のハナシです。

旦那が出張のお土産に、時々、その国のチョコレートを買ってきてくれます。
地元のものと勘違いして、他国からの輸入物だったりしたこともありましたけど(笑 パッケージが現地の言葉だったので読めなかったようです)

で、そういう「海外チョコ」の中ですんごいインパクトがあったのが、これ↓


ブラジルのチョコレート


ブラジルのチョコレートです。

ハイカカオのチョコレートが好きな私(前もこんなことを書いていました)のために、超ハイカカオのチョコレート… ハイカカオというか、 100%cacau って書いてあるんですけど。

100%!

99%はリンツでも日本のメーカーでも食べたことがありますが、苦くて渋くて、嗜好品とは思えない感じ…(でもそれ、嫌いじゃないんですけど 笑)

それじゃあ100%って…と思ったんですけどね。

このチョコレート、苦くないんです。

むしろ、酸っぱい
酸っぱいといっても梅干しのような口がとんがっちゃうような酸っぱさじゃなくて、まろやかな酸味


なんだこれ。う、 う ま い。


期待していたチョコレートのほろ苦さとは全然方向性が違うのですが、口の中がまろやかな酸味で満たされて、なんかこう、もう一口食べたい、もう一口…と、クセになるようなおいしさ。

そうそう、カリフォルニア土産で有名なチョコレート屋さん(名前忘れた!)のハイカカオチョコレートも、「苦いというより酸っぱい」味でした。カカオの種類にもよるんでしょうか。

日本でこういう酸味のあるチョコレートが出回らないのは、日本人の口に合わないからなのかな?

ちなみに、梅干しの酸味が平気でヨーグルトの酸味が苦手な旦那は、一口食べて「酸ーーーっぱい!こんなの食べられない!」となっていました(笑)。酸味の種類にもいろいろあるんですね。


このチョコレート、パッケージにオーガニックがどうとか書かれているようですが、箱からしてなんだか高級っぽい感じです。


170628_choco_3


箱を開けると、中はこんな感じ。包装にも外箱と同じ緑のイメージ(カカオの木?ブラジルの緑?)が描かれていて、ちょっとしゃれています。


これ、もう一度食べたいなあ、高級チョコなら紀伊國屋あたりで売っていないのかなー、と吉祥寺のめぼしいお店を探していますが、見たことがありません。

で、ふと思いついてネットで検索してみたら。

ありました。

サロン・デュ・ショコラ日本公式サイトに出ていました。

2015年に出品していたようですが、アンマ100%(80g) ¥1,512(税込み) と。

80gで1,512円ということは、もし100gなら1,890円

うわ。

「リンツが値上がりして高い!」なんて言っている場合じゃない値段。

100%カカオ…というよりこのチョコレート、苦いとか酸っぱいとか以前に高いのね(苦笑)

すんごくおいしかったですが、今吉祥寺で見かけても買わないっつーか買えないですごめんなさい(苦笑)

旦那がいくらで買ってきたのかはわかりませんが、まずは貴重なものと、貴重な体験(?)をありがとう!(笑)


|

今日の一枚:うのかしら公園?

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


うのかしら公園?


今日の一枚、ではなく写真自体は何日か前のものですが。
井の頭公園の鵜(う)のハナシです。

去年ポケモンGOで井の頭公園が大賑わいだったころ、井の頭池で初めて鵜を目の当たりにしてビックリしまして。

ゲームの画面越しだけではなくて、ホントの井の頭公園も見てね。
ポケモンじゃなくて、鵜とか、カモモン(笑)とかも、いるからさ。

なんて、このブログにも書いていましたが。


あれ以降、井の頭池や弁天池に、鵜がフツウにいるんですよ(笑)。

こうもり傘みたいな形状(?)になっているのは、濡れた翼を乾かしているときのようです。普段は鳥らしい形状(笑)で、ちょこんと杭にとまっています。弁天池の噴水口(水が出ていないところ)にもよくとまっています。

しっかし、野生の鵜ってこんなに人間の近くで平気なものなの?

鵜がフツウにいる公園。
これじゃあ井の頭公園じゃなくてうのかしら公園…ゴホゴホ
(前回からしょーもないダジャレが続き、失礼いたしました)


鵜自体は前々からいたようですが、これだけ頻繁にみられるようになったのは、鵜にとってより良い環境になってきたということかもしれませんね。

|

我が家のカケ…じゃなくてカキ問題

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


我が家のカケ…じゃなくてカキ問題


世間では加計(かけ)学園がどうとか、日々ニュースで騒いでいますが、ウチではもっと前からカケ問題…いや、カキ問題が生じていました。

ネタバレ写真を堂々とトップに出しておいて書くのもしらじらしいですが、牡蠣ね、カキ。

私が松島で「一人かき小屋」をしたり、(以前の写真だから少し小さいです)


ホカホカの蒸しかき出現!


「一人かき鍋クルーズ」をしたりしているのが、旦那にはどうにも不満だったらしく


火を入れる前のかき鍋


ゴールデンウィークの東北旅行中、松島に行きたい松島に行きたいカキが食べたいとうるさかったのです。

が、松島のカキは冬なんだよ~ん。もう終わったんだよ~ん。


そこで思い出したのが、松島にほど近い塩釜の水産物仲卸市場でした。


塩釜の仲卸市場の岩ガキ


この仲卸市場、いわば東北の築地というべきプロ用の市場なのですが(あっ、この問題、築地問題まで内包してたのね!← してません)、観光客向けにもサービスがあって、カキをその場で食べさせてくれたり、買ったお刺身をご飯に乗せて「マイどんぶり」にできるコーナーがあったりするんです。夏に食べた岩がき、おいしかったなあ…(出張帰りにどんだけカキを食べてるんだ)


ということで、塩釜水産物仲卸市場。


塩釜水産物仲卸市場


もうプロの皆さんは一仕事終えた後で、あとは観光客相手といったのんびりした雰囲気でしたが、こういう市場が好きな旦那は大喜びです!


魚の頭を解体中


おじさんが小さいマグロ?の頭の部分を解体していました。すき身を取ったりもしていましたが、あれ、食べたかったなあ(笑) あと、写真右上に見える、隣の店のタコの人形が気になる(笑)


キンキのお店


どうもこの市場でこの手の飾りがはやっているようで、あちこちに店で取り扱う魚介類の人形がありました。キンキのぬいぐるみなんて初めて見たよ!


そして、問題のカキ!この時期でもカキはちゃんと売っていました。
市場中をぐるぐるぐるぐる回って(笑)吟味した旦那は、カキ一つとホタテ一つをゲット。(そのあとに塩釜でお寿司の予定だったので、これは「おやつ」ということで 笑)

旦那は生ガキは食べないので、買ったカキを、市場のすぐ外にある「自由炉端」で焼いて食べることにしました。


自由炉端で焼いてもらいます


ここでは自分で焼くのが前提らしいんですが、この時は管理人?のおじさんが焼いてくれました。慣れない観光客が多いと混乱するから、ですかね?ちなみに炉端の使用料は100円だったかな。

これがね~、良い香りなんですよ~香ばしい香り。ひっきりなしに焼いているので、あとで体が煙くなりますけど(笑)


焼いてもらったカキとホタテは、セルフのテーブルコーナーでいただきました。


カキとホタテ


で、念願のカキを食べた感想。

旦那曰く、「君には悪いけど(私は食べていないので)、今回の旅行で一番おいしかったのは、塩釜のカキだった」ということです。旅館の料理人さんたちが泣きますね(苦笑)。でも旦那が大満足してたので、ま、いっか!

あと、肉厚のホタテも相当おいしかったみたいですよ!


ホタテもおいしかったそうな


ということで、「君だけずるい」と旦那に言われ続ける「我が家のカキ問題」は、これにて一件落着でした。

夏の東北旅行には、塩釜水産物仲卸市場、おすすめですよ。(でもカキは年中あるのかな?)

|

富士屋ホテルでアレを食べた

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *

ザ・フジヤの多国籍な内装(笑)


あちこち旅行に行っている間にいろんなところの話を忘れてしまうので、備忘録です!

以前少しだけ触れましたが、昨年箱根宮ノ下の富士屋ホテルに泊まってきました。


富士屋ホテル


やたらと人が多くて、よい場所から外観の写真が撮れなかったのですが、日本のクラシックホテルの草分けとして有名ですよね。


富士屋ホテル館内


シックな館内に、品のいいアロマが焚かれていたりして、なかなか素敵でした。


さて、富士屋ホテルで食事といえば、やはりメインダイニングの「ザ・フジヤ」でしょう。


ザ・フジヤ


富士屋ホテルに泊まるなら、昭和六年建築の、レトロゴージャス、和洋折衷、よくみるとなんだか不思議な構造の(笑 和洋折衷どころか多国籍なんです)このメインダイニングで、お食事がしたーい!

でも、「ここで」食事がしたいだけなので、ぶっちゃけディナーじゃなくて朝食でいいです。そもそもお高いフレンチの味の良し悪しなんて、さっぱりわからないし(ぶっちゃけすぎだろ)。

(で、いろり家に行ったんですけど、まあおいしかったこと!何という庶民!)


ちなみにこの夕方の写真は、宿泊者のための館内ツアーのときに撮ったものです。メインダイニングを鑑賞したいなら、食事はナシで、ツアーだけでも十分かも。


ということで。私が期待していたのはディナーではなくブレックファスト。それもアメリカンブレックファストではなく、ケーキブレックファストです。

フレンチトーストや、クレープのような「パンケーキ富士屋風」なんてものも選べますが、ワタクシは「ホットケーキ」一択です(笑)


ケーキブレックファストのホットケーキ


ホ ッ ト ケ ー キ
ですよ!
近頃流行りのフワフワパンケーキじゃなくて、ホットケーキ

日光の金谷ホテルでは、朝食の普通のパンが味わい深くておいしかったのですが(昔ながらにラードを入れて作っているそうです)、こういうところでは古典的なものがおいしいんじゃないかなあと思って。

で、このホットケーキ。他のケーキブレックファストはいただいていないので比べられませんが、期待通りおいしかったです。
流行の「ふわふわ」とか「とろける」とは真逆の「ずっしり」「みっちり」「小麦粉食べてる」(おい)という感じの重厚感(笑)


みっしりずっしりなホットケーキ


なんだかちょっと嬉しかったなあ。こういうの、流行に乗らずにずっと続けてほしいです。


朝の様子


ダイニングの天井画も、夕方より朝のほうがきれいに見えて、素敵な朝食でした。

泊まったのが比較的新しいお部屋(フォレスト館)で、あまりレトロ感がなかったのが残念といえば残念でしたが、ホテル全体は良い雰囲気でした。遠方からの旅行はもちろん、首都圏からも、ちょっとした気分転換にお勧めです。

あっ、でも、館内の温泉が小さいので、温泉は期待しないでくださいね!

|

温泉宿とごはんの話

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


カマ焼き、と書かれていましたが、カブト焼きだよねえ


あのですね~、
近頃数少ない吉祥寺のランチネタの写真を掘り起こそうとしたのですが。

なぜか、ぶっ飛んでしまったようで(涙)

本当は別ブログネタになるべき話題ですが、概略だけこちらに書かせていただきます!


銀山温泉・渋カッコいい


今年のゴールデンウィークは、東北(宮城、山形、福島)の温泉をあちこちまわりました。

で、泊まったのは、食事がブッフェというかバイキングというか、まあそういうタイプの宿が多かったです。


食事会場の一角


食事がバイキングというと、「ファミリー向け」「味はそれほど」のイメージがありますが、近頃はあちこちの宿が、コストは抑えつつ色々な趣向を凝らしているようで、バイキングもそれはそれで楽しいです。


東北屋台


中でも、その土地の郷土料理を色々紹介していたりするのは良いですね!地元の人には当たり前のものでも、観光客には目新しくて楽しい、しかも基本的にお手軽、というイイことづくめ(笑)


団子汁がおいしかった


バイキングではローストビーフやらカニやら天ぷらやらを目玉にしている場合が多いですが、私はこういうちょっとしたものが楽しい。


それになにより、食べなくてもいいというのが、今の私にはとてもありがたいのです。


お高い旅館や、逆に手軽な民宿のようなところでは、食事はあらかじめ決まったものが出されますが、ワタクシ、だたいま少々(少々ね)体調不良のため、そうしたものを全部は食べられないのです。

でも、出されたものを残すのは申し訳ない。
じゃあ食事なしのプランに、とも思いますが、宿の近くに食事ができる場所があるとは限りませんよね。私一人ならともかく同行者(旦那)もいますから、宿で食事ができるほうが助かります。

うーーん。

そういう場合、中~大型ホテルのビュッフェはありがたい。旦那は好きなだけ食べて、私は食べられるものだけ食べればいいので、本当に気楽です。


一口分のスムージー


とはいえ、とあるホテルでは、ローストビーフを得意げに切り分けていたお兄さんが、すぐ近くの席の私が全く関心を示さないのが気になったようで、チラチラチラチラとこちらの様子を覗っていました。ご、ゴメンナサイね…

何だか申し訳なくなって取りに行ったら、パッと明るい笑顔になって、ニッコリと大きく切り分けて分けてくれました。 ま、実際に食べたのは旦那なんですけどね(笑)


そういう大型ホテルは基本的に小奇麗だし、温泉の種類が多いところは特に、けっこう楽しいです。

でもホントは、ひなびた山中の一軒宿、なんて雰囲気のところの方が好みなんですけどね。


ひなびた温泉宿


こういうところはまわりに飲食店がないので、食事は必然的に宿で取ることになりますが、今はそれが少々気がかりというか、ネックというか。小さなで宿はなおさら、食事を残すのは申し訳なくて。

かといって、自炊部でOKなほどの温泉通じゃないしなあ(苦笑)


温泉シブい


ひなびた温泉で食事がビュッフェなら、今の私には最高なんだけど(笑) そんな宿、ないですよねえ?


|

近頃の井の頭公園と旦那の朝ごはん

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


初夏の井の頭公園


わーーー。二か月も放置してしまった。まだこのブログを見てくれている人、いるのかしら。もしいたら、放置していてゴメンナサイ(涙)

いつまでも井の頭公園の桜の写真がトップなのはまずいなあ、ということで、いいかげん6月の井の頭公園を(苦笑)。

桜が終わり、新緑の時期が過ぎ、もうすっかり初夏です。梅雨空の公園もイイですが、やっぱり晴れた日が好きかな。日々表情が変わる朝の井の頭公園は、ホント、心の癒しです。


一方、日々あまり変わらないのは。毎朝の旦那の朝ごはん( あ、苦し紛れのウチメシネタです 笑)
(ちなみに私は旦那と別メニューで、豆腐花もどきと野菜ジュース、こちらもあまり変わりません)


旦那の朝ごはん・その1


あいかわらず「おばあちゃん風」です。この日は特に、こまごましたものばかりだな。


こまごましたものばかり


近頃旦那の体重が増加気味なので、お米の量を少なめにしています。で、その代わりに細かいおかずが増えました…って、それ、お米を減らしている効果はあるのかな(苦笑)


で、この翌日がこれ。


旦那の朝ごはん・その2


この日は食材整理的なご飯になってしまいました…


170616_gohan_4


というのも、旦那がまたしばらく出張なので。旦那がいないと食材が減らないんですよね(苦笑)。

これで旦那は「おばあちゃんご飯」としばしお別れ。しばらくは海外メシです。そんなわけで、記念にアップしました(何の)

ちなみに今日の朝ごはんは「カフェでマフィンとコーヒー」ですって!キラキラ女子か!(笑)

|

« April 2017 | Main | July 2017 »