« 旦那酷評シリーズ!ラーメン「Tombo」(注:味とはあまり関係ないかも) | Main | 同僚情報:鉄板バル・Ba-LuLu(バルル)でランチ »

吉祥寺で永福町系!「三鷹大勝軒」って、ややこしい(笑)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


三鷹大勝軒


今回、前置きが長いです。いつもか(笑)。
めんどくさい人は、後半の感想のみどうぞ。


先日、今話題のラーメン屋さんを酷評した旦那ですが、ここのところ、私が留守の日にポツポツと気になるラーメン屋さんに足を運んでいるようです。

(実はワタクシ、今、ラーメンが食べられないんです。 口にすると体調が悪くなるものが、ラーメンには必ず使われているので。あー、なんてこった!)

で、そうやって旦那が訪れた中の一つが、吉祥寺に最近移転してきた「三鷹大勝軒」。

大勝軒というラーメン屋さんは、全くタイプが異なる「池袋系」と「永福町系」の二派閥(?)が有名ですが、吉祥寺にはもともと池袋系の大勝軒があります

ところがこの6月、永福町系の大勝軒が、三鷹から吉祥寺に移転してきたのです。

池袋大勝軒ではなく永福町大勝軒の系統である三鷹大勝軒が吉祥寺に来た。何が何やら。

ともかく、永福町系大勝軒のラーメンが吉祥寺で味わえる、ということです。知らんかった!

いや、実は少し前から「三鷹大勝軒」というのぼりを見かけてはいたんです。
ただ「大勝軒が、ずいぶん遠くにまでのぼりを出してるなあ」と勝手に勘違いしていたんですよね。吉祥寺に大勝軒が2店舗、とは思わないですから。まあ、違う系列なので、全く不思議はないんですけどねぇ。

(あっ、ってことで今回も、私ではなく旦那ネタです!)


しかしこの店、場所がわかりにくい。
永福町系大勝軒が引っ越してきたのに、なんで話題にならないかな?と思っていたのですが、まだ皆さんご存知ないんじゃないですかね?

ジャズ喫茶で有名なメグがあるビルのようですが、一階の、スナックの奥の奥に位置するらしく。


わかりにくい場所!


(矢印はワタクシの補足です。当然現場にはありません!)

旦那によれば、「まわりが真っ暗で、そこにラーメン屋があるなんて全然わかんないんだよ!」とか。


ここが三鷹大勝軒だ!


意外と夜のほうが、明かりがついてわかりやすかったりして。

ちなみに、本家の永福町大勝軒には、十数年前?に旦那と行きました。ここも熱烈なファンが多いですもんね。実は私も、知人に強力にプッシュされて行ってみたのです。

が。

これが、ねえ。

「このやたらと高い単価と、値段に見合わせるためなのか無駄に多い、しかもベロベロデロデロの麺は、いったい何なんだよ!?

というのが、当時の率直な感想でした。

とにかく記憶に残ったのはデロデロの麺。スープの味なんてぜーんぜん覚えてない(苦笑)
いや、ファンの方、ホントにスンマセン!(この時も長時間並んだんですよね…並んだ時間と評価は反比例するよなあ)

まあとにかく、私も旦那も、その当時の好みにはうまくハマりませんでした。


なので今回は、旦那はどんだけ酷評…じゃなくて、どんな評価をするのかなあ?と思ったのですが。


三鷹大勝軒


旦那曰く、

あの時の記憶とは全然印象が違った

そうで。

麺が柔らかいのは同じらしく「そういうものなのか、ゆで過ぎなのかがよくわからない麺」と評していましたが(笑)、煮干しの味が効いたスープがなかなかおいしかったようです。

「スープにコクや深みがあるというよりも“わかりやすい”おいしさ、という感じ」とかなんとか。味がシンプルで強いってことなのかな?「昔風の、おいしいラーメン」と感じたようです。
へー、本家の永福町では、スープは全く記憶に残らなかったのにね(麺のインパクトが強すぎて 笑)

「スープに、その店ならではの特色があるのはいいよね。いかにもその時の流行のど真ん中、って感じのものよりも、独自のカラーがちゃんとあるお店はいいと思う」だそうです。


また、こちらはサイズが選べるのだとか。永福町のお店は、麺がやたらと多くて単価が高いんですよね。でも適量を自分で選べると、途中で嫌にならないのでありがたい(笑)。

とにかく、もともとの期待値が低かったので、意外なほどおいしく食べられて、結構満足してきたようです。


永福町大勝軒、ファンが多いお店なのに私はどうにも共感できず、「今食べたらどう思うのかなあ」などとと時々思い出していたのですが、永福町に行かずとも、近場で食べられるチャンスが出来ました。

まあ、まずはラーメンが食べられるように体を治さないと、なんですけどねぇ。

(もともとラーメンが大好きなので、昔は「もしラーメンが食べられなくなったら、辛すぎて死んじゃう!」などと思っていましたが、実際は意外とそうでもなかったです。人の感想を見聞きするだけでも結構楽しい。慣れってすごいですね 笑)


最後に一言。


ナルトカワイイ


ここのところ、フォトジェニックラーメンばかり見てきた目には、この彩りのなさが、逆に新鮮だなあと。

ナルトの白とピンクがやけにかわいく見える(笑) トップの写真に記した店名の文字をピンクにしたのは、この影響です(笑)

ここのラーメンがおいしいかどうかは、私は食べていないので本当のところはわかりませんが、食べ物は、写真映えよりもやっぱり味ですよね?

もちろんおいしそうな雰囲気は大事ですが、「オシャレ具合」や「インスタ映え」を食べてるわけじゃないもんね。

(※とはいっても、店員さんの態度が悪いお店やお客さんの柄が悪いお店は、味以前の問題として、それもそれでアレ、ですけどね…って、なんだか指示語ばっかだな)

|

« 旦那酷評シリーズ!ラーメン「Tombo」(注:味とはあまり関係ないかも) | Main | 同僚情報:鉄板バル・Ba-LuLu(バルル)でランチ »

吉祥寺・ラーメン」カテゴリの記事

吉祥寺内外・ラーメン」カテゴリの記事