« 今朝の井の頭公園とOhanaの親子丼ランチ | Main | またまた今朝の井の頭公園+「支那そば あおば」(旦那酷評シリーズ!) »

今朝の井の頭公園と今朝の「鈴木対決」!

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


ええと、まずは今朝の井の頭公園。


晴天の弁天池


今日は空が青々として、気持ちのいい朝でした。

噴水の水がとまっていたので、水面が鏡のように静か。

現在荷物増量中(?)につきカメラがなく、スマホ写真になっちゃいましたが、やっぱりカメラを持ち歩かないと、もったいないなあ。


さて、本日の本題は「鈴木対決」。
ナゾのタイトルですが、何のことはない、今朝の朝ドラの話です(笑)。
観てない人にはなんのこっちゃだろうなあ、ゴメンナサイね~


朝ドラ「わろてんか」、放送開始から一か月ほど経過しましたが。

私とはあまり波長が合わないようで…コテコテの笑いや予定調和的展開、天然マッチポンプ(?)なヒロインはどうも苦手で…(それが「The 朝ドラ」なんでしょうけど)正直なところ、もはや脱落寸前でした。

がっ!

今朝の回!今朝の回は、よかった!!!

ヒロイン「てん」の母「しず」と、姑(になるはずだったのに、嫁として認めてくれない)「啄子」の対決…というか、鈴木京香と鈴木保奈美の女優対決!(笑)

(※ただしお二人の関西弁の熟練度は、私にはわかりません!もしかして、関西の人はしらけたり、イライラしたりしているのかな?)


ドラマが始まった当初、しずの「京都の良家の奥様、料理自慢でおっとりしたお母さま」と設定に、気の強さが透けて見える鈴木保奈美は「ちょっと違うんじゃ?」と思ったのです。同じ年代なら安田成美のほうが合いそう、と。

でも今回、このキャスティングに感服しました。

娘にいけずをする啄子に「娘を一人前にしこんでやってください(という趣旨のセリフ)」と深々と頭を下げ、「あなたにならそれができるはず」と、相手を認めつつも暗にプレッシャーをかけ。

そして、顔を上げた時の、あの目。

媚びもせず高ぶりもせず、ただ「この先あなたがどうするか、私がしかと見ていますよ」とでもいうようなあの目は、安田成美にはできない!(多分)(たとえ「醤油」という字は書けても… わ、古っ!)

あの表情、演技じゃなくて鈴木保奈美の地が出てるよね?このシーンのためだけにキャスティングしたんじゃないかと思っちゃいました(笑)


おまけ。
ワタクシの「きれいな人スクラップブック」から、昔々の鈴木保奈美のお写真をば。


若かりし頃の鈴木保奈美


雑誌の切り抜きなんですが、むかーしのドラマの宣伝画像です。
実は私、このドラマ自体は観ていないんですが(笑)、普段から雑誌を処分する際、素敵な写真は切り抜いてスクラップしてまして。その一枚です。

このころは若かったなあ。
女優復帰したとき、さすがに歳をとったなー、なんて思いましたが、この独特の目は昔から変わってませんね!


一方で鈴木京香演じる啄子の表情も良かったなあ。

動揺したりイラっとしたり、相手の言動に心を動かされるけれどそれを隠そうとする、そんな複雑な表現をしっかり演じていて、女優としての力量を感じました。

それに、質素倹約を良しとする大阪のごりょんさんと、分相応、良家にふさわしい華やかな身なりを旨とする京都の奥様の、衣装の対比も良かった。

個人的にはごりょんさんのシブいお着物が好きだけど、京都の絢爛豪華で上品な衣装も素敵。


いやーー、とにかく今日は良かった。でも明日どうなるのかな、とは、あまり期待していないっていう。

「わろてんか」、もういっそ、これで最終回でいいです!もう満足した!(笑)

|

« 今朝の井の頭公園とOhanaの親子丼ランチ | Main | またまた今朝の井の頭公園+「支那そば あおば」(旦那酷評シリーズ!) »

今日の一枚」カテゴリの記事

吉祥寺・井の頭公園」カテゴリの記事

吉祥寺・飲食以外」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事