« 今日の一枚:ここだけ赤い | Main

我が家の新入り・石油ストーブ(トヨトミCL-250)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


CL-250 カワイイよ


ここのところ、というかここ数年、いい歳をして「ホームシック」ならぬ「ホームタウンシック」で。盛岡が懐かしいなあ、と思うことが多かったのです。秋や冬は特に。

で、その「北国恋し」+「停電したらエアコンやファンヒーターは使えない」などの諸々が重なり、この冬ついに石油ストーブを買ってしまいました。うーん、話が飛びすぎですが、まあとにかく!

石油ストーブが!新入りがウチにやってきたんです!

(なおこの夏はタワー型の扇風機も新入りしました。こちらは盛岡とはまるっきり関係なく、単に暑かったから 笑)


石油ストーブを買おう!と思ってから色々悩んだんですがね。

人気の石油ストーブにはアラジンなどいろいろありますが、ここはやはり日本製でしょ。
日本製でも、愛着が感じられるものが良いでしょ。
部屋に置いておいてもサマになる(ような気がする)のが良いでしょ。

ということで、トヨトミCL-250という子がやってきました。

写真の通り、新しいのにレトロを装ったな雰囲気のカワイイ子です。


Classicって自称(?)するところがアレだけど

自分で「Classic」って書くのはどうかなあと思いますが。「ミス××」のタスキみたいだな。でもかわいいから許す

そしてこのストーブ、トヨトミ自慢の「レインボー」シリーズなんです。炎が虹色に見えるってヤツ。


レインボーというけど7色は見えない でも許す(笑)


レインボーといいつつ、7色には見えないところがまたアレですが、かわいいから許す

ちなみにこのレインボーは、燃焼筒の特殊ガラスの効果でそう見えるだけで、実際の炎は芯の部分だけです。間違えてガラス燃焼筒をひっくり返して装着してしまうと、おかしな色になるらしいです(笑)

あと、レインボーシリーズのガラス燃焼筒には色々と種類があって、デフォルトで遠赤外線の効果があるのはこのCL-250だけのようです。他のタイプのガラス筒では、ストーブの上部は暖かくなるけど筒の周りはあまり暖かくないとかなんとか。

デザインが凝ったCL-250は、このサイズのオーソドックスなタイプより結構お値段が張るのですが、デザイン料+燃焼筒を別に買い足す必要がないことを考えたら、まあ満足かな。かわいいし(しつこい)

この炎が見たくて、帰宅するとたいして寒くもないのにつけてしまう。


ということで、石油ストーブがきたので、お約束の「石油ストーブにヤカン」。


お約束の「石油ストーブにヤカン」


小さいストーブなのでなかなか温まらないかな?と思いきや、意外とすぐに沸きます。

唯一の問題は、すごーく久しぶりに石油ストーブを使ったら、消火後の灯油臭さが記憶よりもかなり強かったことかなあ。こんなに灯油臭かったっけ??

でも、灯油のにおいは「冬のにおい」という感じがして、懐かしいんですけどね。


|

« 今日の一枚:ここだけ赤い | Main

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事