323 posts categorized "今日の一枚"

今日の一枚:井の頭池の水面

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


今日の一枚といいつつ、今日じゃなくて昨日の朝の一枚。


アオコの模様


ここのところ、井の頭池の水面をサイケデリックに彩っていたアオコが、風に吹かれたのか何なのか、なんだかいつもより繊細でシック?な模様になっていました。といってもやっぱりアオコだけど(笑)。

スマホで撮ったのですが、雰囲気、わかるかなあ。

(写真にはありませんが)空には筋雲。

水面にはスジスジアオコ。

スジスジアオコに映る梢の影。

よくわかんないけど「もう秋だなあ」と思った朝でした(笑)


|

旦那酷評シリーズ!ラーメン「Tombo」(注:味とはあまり関係ないかも)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


このブログをよくご覧の方は、私の旦那のストライクゾーンが、食べ物にしろ何にしろ、異常に狭いことはご存知かと思います。

で、今回も旦那の酷評シリーズ。先日吉祥寺(のはずれ)にオープンした期待のラーメン屋さん、Tomboです。


ラーメン「Tombo」170911_tombo_1


こちらのお店、地雷原グループで修業した方が新規オープンしたとかなんとか、前評判から高かったですよね。

ビジュアル的にも私好みっぽい清湯ラーメンで、個人的にもとても期待していたのですが、私はまだ行く機会がない。

ということで先日、まずは旦那が行ってきたのです。


でね。

もう、詳しい味などは巷のラーメン通の方のコメントをご覧いただくとして(なんだそれ)。

とにかく、旦那、酷評。

「おいしくなくはないけど、これといった特徴のない普通のラーメン。あんなに並んで食べるもんじゃない

げっ。またそれか。

ちょっと、写真を見せてよ、とスマホをのぞくと、


170911_tombo_2


えーー、おいしそうじゃん、どうみても私は好きそうなんだけど、これでダメなの?

根掘り葉掘りきくと、どうも味以前の問題として、お店の雰囲気がとても良くない…というか、旦那が不快に感じるタイプのお店だったようで。

まず、店員さんの態度が悪い

店員さん(店長さん含む)が3人いたそうですが、どの人も愛想が悪く、段取りも悪い。
食券を受け取る店員さんは、何も言わず、むしり取るように食券を取り。

調理している人もなんだか不慣れな感じで、「スープに麺を入れてからこっちに出すまで、3分くらいかかったんだよ!?」だそう。(私同様、のびた麺が嫌いな旦那は、こういうのが許せないのです 笑)

まあ、3分は大げさなんじゃないかなあと思いつつ、とにかく、ちょっとまだ不慣れな様子というか、お客をさばけていないようです。その時厨房にいたのは店長さんじゃなかった、なんてことはないのかなあ…

で、味は前記の通り「おいしくなくはないけど、あんなに並ぶほどの味じゃない」と感じたようで。

「あれで特に待たされずに食べていたら、もっとおおらかな気持ちでいられたかもしれないけど、行列して待ってあの程度ならもう行かない」と、相変わらずキビシイ…

そしてダメ押しが、隣の席のお客さん

「隣の席の男が裸足で、イスに胡坐をかいて座るんだよ!」(つまり、他人の裸足の足が旦那の足に触れるんだそうで)

そ、それは、店の責任じゃなかろうと思うのですが(苦笑)…まあお店の雰囲気と客層はリンクするからなあ…


旦那の話は全体的に「それって味とは違う話だよね」という気がしますが…、
でも、飲食店は味だけを売っているわけじゃないですからね。
それを考えると、くじら食堂なんて、ホントに素敵(笑)


とまあ、今話題のラーメン屋さんにいきなりダメ出しで恐縮ですが、んー、どうなのかな。おいしく食べたいなら、もうちょっと混雑が落ち着いてから行ったほうが良いのかもしれません。


でもねー、本当はきっとおいしい気がするんだよなあ。
いつか旦那がいないときに、一人でこっそり行ってみよう(笑)

あ、旦那はいつもラーメン屋を酷評ばかりしているわけじゃないですよ!最近では、三鷹の向日葵が良かったそうです。(ただし、現在店長さんが入院中でお休みだそうで。お早い回復をお祈りします)


+ + + + +


おまけ。今朝の井の頭公園。


170911_inokashira


旦那の気持ちを表したように(?)、相変わらずアオコでよどんで、サイケなマーブルになっております(笑)

これ、いつまでこうなのかな。

昨晩NHKで、井の頭池のカイツブリの特集をしていましたが、カイツブリのヒナが(何者かに捕食されて)減ってしまったというシーンがありました。

少し前、どなたかのブログで、「アオコで不透明になった水面を隠れ蓑に、スッポンがカイツブリのヒナを襲っている」という話を読みましたが、うーん、生態系って複雑ですね。

|

ミドリの井の頭池

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


初夏の弁天池


今日の東京は久々に晴れでしたね。といっても「スカッとした青空!」という感じでもありませんでしたが、ずっと曇りや雨だったので、やっぱり嬉しい。暑いけど。

夏が来る前にすでに秋が近づいてきましたが、井の頭公園はまだまだミドリがキレイで…

といいたいところですが。

上の写真、実は今ではありません。7月初め、梅雨のさなかの写真です。このころのほうが夏っぽかったなあ。


では今はというと、

ミドリの弁天池


これは今朝の弁天池ですが。なんか、なーんか、おかしいような。

同じ場所の6月の写真と比べてみればわかりますが、


池がミドリ過ぎる。木々の葉じゃなくて、水面が。


7月に入ってから、弁天池も井の頭池も、↓こんな感じなんです。


170823_inokashira_3


アオコ(植物プランクトン)が大発生しているようで、水面がすんごいミドリ。ミドリなだけならいいけど、マーブル模様っていう。

去年の夏は、水面がトレンドのカーキ色になっていましたが、今年はちょっとアバンギャルドすぎるっつーか。晴れて日の光に照らされると、余計サイケな感じに見えちゃう(苦笑)。

天候不順のせいでこういうことになっちゃったんでしょうかね。


こんなミドリの中でも変わらず元気そう?なのは、今朝もいつものポジションにいた鵜たちです。


井の頭池の鵜


ああ、今朝もいる…と思いつつ七井橋に差し掛かると、なぜか二羽そろって、それまで閉じていた羽を広げてくれました。ファンサービスかなあ(笑)

|

フォトジェニックな?ラーメン@白河

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


フォトジェニックな?ラーメン@白河


ええと、まずはいわゆる「お天気の話」的な話題。
というか、ホントにお天気の話なんだけど。

今日の雷雨、すごかったですね。
青梅街道でも冠水したみたいですが、吉祥寺は大丈夫だったのかなあ。(以前、ライブハウスやコンビニが床上浸水しましたよね)

今年はホントに変な天気。野菜も生育が悪いみたいですし、自分ちの梅干しを心配している場合じゃないなあ。

テレビでは、「野菜が高くて困るわ」とか「高いから買えない」というようなコメントを流したりもしていますが…でも、一番困っているのは、農作物を作っている農家の皆さんですよね。せっかく作ったのに生育が悪かったり、がんばって出荷しても高いといわれたり。当然収入も減るでしょう。

これで海外の安い農作物が流入してきて、その後の市場まで奪われたりしたら、農家だけでなく、後々日本の経済もダメージを受けてしまいます。


ということで、去年の東北・北海道の水害でもそうしましたが、多少高くても不恰好でも、なるべく国産のものを選んで、買い支えたいと思います

家族が多くて食費がかさむご家庭では、なかなかそうもいかないでしょうけど、ウチは二人ですしね。


さて、本題。

冒頭の写真は、前回も書いた温泉旅行中に食したラーメンです。これも実食(?)は旦那オンリーです。

これ、白河ラーメンの某人気店なんですが、店名は明かしません。なぜなら、前回のソースカツ丼とは逆に、あまりにも旦那に不評で(苦笑)

(あ、ソースカツ丼がどの地方のものか、バレバレですね 笑)


見た目は素晴らしいですけどね~


白河ラーメンといえば「とら食堂」が有名ですが、この日はとら食堂はお休み。で、もう一軒目星をつけていたお店に行くと、移転?閉店?で開いていない!

ということで、急遽やってきたのがこちらのお店でした。
この写真で、どこのお店かわかるかな~。


他の方のレビューを読むと、スッキリとしたスープとしっとりしたチャーシュー、自家製麺がおいしい、というような感じ。いわゆる昔懐かしい「中華そば」かなあ、というのが事前のイメージでした。(というか、白河ラーメン全般がそういうイメージですかね 笑)

で、旦那が食べている間、私は駐車場にとめた車の中で待っていたのですが。

戻ってきた旦那が一言、「ダメだった!」(苦笑)

スマホで撮った写真を見せてもらうと、うん?かなりおいしそうですよねぇ?

「昔懐かしいシンプルで素朴なラーメンって感じで、悪くなさそうだけど。それに、服から田舎のドライブインのラーメンのようなにおいがするよ?」と聞くと、

「その通りなんだよ!基本は昔ながらのラーメンって感じなんだけど、その上にラードみたいな脂が浮いてて、それがもう、たまんないんだよ。脂っこくなってしまって、コクも何もわからない。しかもチャーシューはパサパサで…何か間違ったのかな」

だそうで。

ラード?


ラード?


これ、鶏油じゃなくてラードなんだ?
でも旦那はラード自体は嫌いじゃないので(義母の手作り餃子にはラードが欠かせません)、何らか、豚の臭みを感じたのかも?


この写真を見ると、澄んだスープに本格的なチャーシュー(よくある煮豚じゃない)、プリプリしていそうな縮れ麺も、おいしそうなんだけどなあ。フォトジェニック・ラーメン(?)なのか。

ともあれ、

「普通の昔風のラーメンに脂を足して、コクが出たというより味がわからなくなった感じ。わざわざ遠くから出向いて食べるものじゃない」

というのが旦那の総評でした。キビシイ…。去年のガッズィーラの感想並みにキビシイ。

あ、麺はおいしかったそうです。
まあ、私は食べていないので、あくまでストライクゾーンが異常に狭い旦那の感想です。ファンの方、ゴメンナサイ。

いや、でも、しつこいですが、写真を見る限りおいしそうだけどなあ…

余談ですが、私がこれまで地方で食べたラーメンの中で一番おいしいと感じたのは、冬の北見(北海道)のラーメン屋さんでたまたま食べた味噌ラーメンです。(札幌じゃないです)

自分の息で髪の毛が凍るような寒さの中、たまたま入ったお店で食べた味噌ラーメン。体があったまってねえ、今思い出しても「あーーー、あれ、おいしかったなあーーー」と、しみじみします(笑) もう、細かい味とかはどうでもいい(笑)

食文化は、その土地の気候に合わせて発展するんだなあ、と実感した一品でした。ラーメンでいえば、山形の冷やしラーメンとかもね。


じゃあ白河ラーメンは?っていわれると、ちと困るんですけどね(笑)

|

残暑お見舞い?申し上げます(生存報告)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


あーあ。また一か月以上放置してしまいました(しかも前回が朝ドラ「ひよっこ」の話って)。

まずは、生きてまーす!

相変わらず体調低調で過ごしております。
色々と書きたいことはあるのですが、取り急ぎ、 生 存 報 告 です。


ソースカツ丼


上の写真は、この夏の温泉旅行中に食べた、ソースカツ丼です!
といっても、食べたのは旦那(笑)。
私は今、こういうごっついものは食べられないので。

ソースカツ丼、今各地で「ご当地グルメ」として人気ですよね。
でも旦那は、これまでどこで食べても満足したためしがなかったのです。

ところが今回は、その旦那が大絶賛するほどの抜群のおいしさだったようで。

これがどの地方の、どのお店のソースカツ丼かは、またそのうちに…(多分)
(知っている人はこんな写真だけでも分かるんだろうなあ)


ということで、残暑の折、皆様おいしいものをしっかり食べて、ご自愛ください。
といっても、残暑というより「残梅雨」みたいなお天気ですけどね。未だに梅干しが干せない…

|

今日の一枚:我が家の圧倒的多数問題(冷蔵庫編)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


都議会議員選挙、投票が終わりましたね。

やはりというかなんというか、都民ファーストの圧勝、という結果。

いやあ、しかし、ここまで大差で勝って大丈夫なのかなあ… 都知事が党首を務める政党(追記あり)が圧倒的多数、しかもその議員の多くが政治家としては素人、って。

心配してもしょうがないんでしょうけど、このイケイケドンドン(死語?)な雰囲気、ちょっとイヤな既視感が…

追記:小池さん、都民ファーストの党首をやめるんですね!(苦笑) 
「二元代表制がうんぬん」「知事に専念」というのは、まあ確かにそうだろうけど、素人集団を議会に送りこんだ直後に一枚看板が党首辞任って…
大丈夫なのかな?一番得したのは公明党、ってな展開?


で。話は全く変わって(毎度毎度スンマセンね)。

この時期我が家の冷蔵庫でも発生する「圧倒的多数(多量?)」問題。


冷蔵庫の圧倒的多数問題


右下にあるデカいヤツ。これが冷蔵室の大部分を選挙、じゃなくて占拠してしまうんです。棚を一つたたんで、二段をぶち抜き状態で使っちゃいます。

これ、土用干しの前の梅干しなんです。
(ちなみに容器は野田琺瑯のラウンドストッカー24cm10Lタイプです。ご存知の方なら大きさがわかりますよね!)

梅干しって普通、常温でおいておきますよね?家の中の「涼しくて風通しのいい場所」とかでしょ?でもウチの梅干し、塩分が低すぎて(今年は8%)、日中誰もいない、室温の管理ができない家にそのまま置いておくと、カビの心配があるんです。

(塩分を低くしているのは、すっぱい梅干しが好きな旦那の好みです。塩が少ないと酸味が際立ちすーっぱい梅干しになります。すっぱすぎて、私はほとんど食べないっていう…)

なので、土用干しが終わるまでの間、この状態で冷蔵庫。保存食としての役割は全く果たせない嗜好品です。しかも梅干し+重石でやたらと重いせいで、冷蔵庫の棚板がたわんでるし!(こうしてみるとホントにたわんでますね、大丈夫かなあ?)


しっかしこの時期は、冷蔵庫が使いにくいのなんのって。旦那不在の今は冷蔵室に物が少ないのでまだなんとかなりますが、庫内が狭くなるうえ棚が一つなくなるので、容器を何段にも積み重ねたりして、冷蔵庫の中がトーテムポール状態(?)ですよ!


そんなわけでこの時期、はやく梅雨が明けないかなー、はやく土用干しがしたいなーと、冷蔵庫を開けるたびに思います(笑)

土用干しが終わったら別の容器に小分けにして、もうちょっとコンパクトな状態にして…で、やっぱり冷蔵庫に保存、です(笑 これで梅干しって言えるのかな)


|

今日の一枚:明日は選挙、ですよ!

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


今日の一枚、というか、今日旦那から送られてきた一枚。


旦那からの一枚


わー、きれい、幻想的… これは小さな滝かな?と思ったのですが。

これ、滝ではなく、川が増水して水があふれ、道路が寸断されているところなんだそうです(こういうのが日常っぽい)。

だ、旦那、一体どんなところにいるんじゃ…
今回の渡航先は結構都会っぽい場所だったはずなんだけどなあ(苦笑 日本人の感覚)。


さて、タイトルの選挙の話。
明日は東京都議会議員選挙の投票日です。でも旦那はご覧のとおり(?)、ただいま海外にいるため、投票できません。

海外赴任の場合は現地で投票できる(※)のかな?でも「出張」だとできないんですよね。不在者投票もできず、旦那が残念がっていました。

※海外から投票できるのは国政選挙だけのようです

今回の選挙、個人的にはあんまり気が進まない感じではありますが、したくても投票できない人もいるわけですから、できる人はちゃんと投票に行かなくちゃ、ですよね。

投票したい人(または政党)がない場合は、「この人は絶対にダメ!」という人を当選させたないための投票(例えばその人以外で当選しそうな人に入れる、など)もアリですよ!ま、あんまり楽しい投票ではないかもしれませんけどね。


明日、どうなるのかなあ。都政を「寸断」させるような結果にならないといいなあ。


|

100%カカオは苦いというより酸っぱかった

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


カカオは苦いというより酸っぱかった


すんません。吉祥寺とは関係ないうえに去年のハナシです。

旦那が出張のお土産に、時々、その国のチョコレートを買ってきてくれます。
地元のものと勘違いして、他国からの輸入物だったりしたこともありましたけど(笑 パッケージが現地の言葉だったので読めなかったようです)

で、そういう「海外チョコ」の中ですんごいインパクトがあったのが、これ↓


ブラジルのチョコレート


ブラジルのチョコレートです。

ハイカカオのチョコレートが好きな私(前もこんなことを書いていました)のために、超ハイカカオのチョコレート… ハイカカオというか、 100%cacau って書いてあるんですけど。

100%!

99%はリンツでも日本のメーカーでも食べたことがありますが、苦くて渋くて、嗜好品とは思えない感じ…(でもそれ、嫌いじゃないんですけど 笑)

それじゃあ100%って…と思ったんですけどね。

このチョコレート、苦くないんです。

むしろ、酸っぱい
酸っぱいといっても梅干しのような口がとんがっちゃうような酸っぱさじゃなくて、まろやかな酸味


なんだこれ。う、 う ま い。


期待していたチョコレートのほろ苦さとは全然方向性が違うのですが、口の中がまろやかな酸味で満たされて、なんかこう、もう一口食べたい、もう一口…と、クセになるようなおいしさ。

そうそう、カリフォルニア土産で有名なチョコレート屋さん(名前忘れた!)のハイカカオチョコレートも、「苦いというより酸っぱい」味でした。カカオの種類にもよるんでしょうか。

日本でこういう酸味のあるチョコレートが出回らないのは、日本人の口に合わないからなのかな?

ちなみに、梅干しの酸味が平気でヨーグルトの酸味が苦手な旦那は、一口食べて「酸ーーーっぱい!こんなの食べられない!」となっていました(笑)。酸味の種類にもいろいろあるんですね。


このチョコレート、パッケージにオーガニックがどうとか書かれているようですが、箱からしてなんだか高級っぽい感じです。


170628_choco_3


箱を開けると、中はこんな感じ。包装にも外箱と同じ緑のイメージ(カカオの木?ブラジルの緑?)が描かれていて、ちょっとしゃれています。


これ、もう一度食べたいなあ、高級チョコなら紀伊國屋あたりで売っていないのかなー、と吉祥寺のめぼしいお店を探していますが、見たことがありません。

で、ふと思いついてネットで検索してみたら。

ありました。

サロン・デュ・ショコラ日本公式サイトに出ていました。

2015年に出品していたようですが、アンマ100%(80g) ¥1,512(税込み) と。

80gで1,512円ということは、もし100gなら1,890円

うわ。

「リンツが値上がりして高い!」なんて言っている場合じゃない値段。

100%カカオ…というよりこのチョコレート、苦いとか酸っぱいとか以前に高いのね(苦笑)

すんごくおいしかったですが、今吉祥寺で見かけても買わないっつーか買えないですごめんなさい(苦笑)

旦那がいくらで買ってきたのかはわかりませんが、まずは貴重なものと、貴重な体験(?)をありがとう!(笑)


|

今日の一枚:うのかしら公園?

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


うのかしら公園?


今日の一枚、ではなく写真自体は何日か前のものですが。
井の頭公園の鵜(う)のハナシです。

去年ポケモンGOで井の頭公園が大賑わいだったころ、井の頭池で初めて鵜を目の当たりにしてビックリしまして。

ゲームの画面越しだけではなくて、ホントの井の頭公園も見てね。
ポケモンじゃなくて、鵜とか、カモモン(笑)とかも、いるからさ。

なんて、このブログにも書いていましたが。


あれ以降、井の頭池や弁天池に、鵜がフツウにいるんですよ(笑)。

こうもり傘みたいな形状(?)になっているのは、濡れた翼を乾かしているときのようです。普段は鳥らしい形状(笑)で、ちょこんと杭にとまっています。弁天池の噴水口(水が出ていないところ)にもよくとまっています。

しっかし、野生の鵜ってこんなに人間の近くで平気なものなの?

鵜がフツウにいる公園。
これじゃあ井の頭公園じゃなくてうのかしら公園…ゴホゴホ
(前回からしょーもないダジャレが続き、失礼いたしました)


鵜自体は前々からいたようですが、これだけ頻繁にみられるようになったのは、鵜にとってより良い環境になってきたということかもしれませんね。

|

温泉宿とごはんの話

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


カマ焼き、と書かれていましたが、カブト焼きだよねえ


あのですね~、
近頃数少ない吉祥寺のランチネタの写真を掘り起こそうとしたのですが。

なぜか、ぶっ飛んでしまったようで(涙)

本当は別ブログネタになるべき話題ですが、概略だけこちらに書かせていただきます!


銀山温泉・渋カッコいい


今年のゴールデンウィークは、東北(宮城、山形、福島)の温泉をあちこちまわりました。

で、泊まったのは、食事がブッフェというかバイキングというか、まあそういうタイプの宿が多かったです。


食事会場の一角


食事がバイキングというと、「ファミリー向け」「味はそれほど」のイメージがありますが、近頃はあちこちの宿が、コストは抑えつつ色々な趣向を凝らしているようで、バイキングもそれはそれで楽しいです。


東北屋台


中でも、その土地の郷土料理を色々紹介していたりするのは良いですね!地元の人には当たり前のものでも、観光客には目新しくて楽しい、しかも基本的にお手軽、というイイことづくめ(笑)


団子汁がおいしかった


バイキングではローストビーフやらカニやら天ぷらやらを目玉にしている場合が多いですが、私はこういうちょっとしたものが楽しい。


それになにより、食べなくてもいいというのが、今の私にはとてもありがたいのです。


お高い旅館や、逆に手軽な民宿のようなところでは、食事はあらかじめ決まったものが出されますが、ワタクシ、だたいま少々(少々ね)体調不良のため、そうしたものを全部は食べられないのです。

でも、出されたものを残すのは申し訳ない。
じゃあ食事なしのプランに、とも思いますが、宿の近くに食事ができる場所があるとは限りませんよね。私一人ならともかく同行者(旦那)もいますから、宿で食事ができるほうが助かります。

うーーん。

そういう場合、中~大型ホテルのビュッフェはありがたい。旦那は好きなだけ食べて、私は食べられるものだけ食べればいいので、本当に気楽です。


一口分のスムージー


とはいえ、とあるホテルでは、ローストビーフを得意げに切り分けていたお兄さんが、すぐ近くの席の私が全く関心を示さないのが気になったようで、チラチラチラチラとこちらの様子を覗っていました。ご、ゴメンナサイね…

何だか申し訳なくなって取りに行ったら、パッと明るい笑顔になって、ニッコリと大きく切り分けて分けてくれました。 ま、実際に食べたのは旦那なんですけどね(笑)


そういう大型ホテルは基本的に小奇麗だし、温泉の種類が多いところは特に、けっこう楽しいです。

でもホントは、ひなびた山中の一軒宿、なんて雰囲気のところの方が好みなんですけどね。


ひなびた温泉宿


こういうところはまわりに飲食店がないので、食事は必然的に宿で取ることになりますが、今はそれが少々気がかりというか、ネックというか。小さなで宿はなおさら、食事を残すのは申し訳なくて。

かといって、自炊部でOKなほどの温泉通じゃないしなあ(苦笑)


温泉シブい


ひなびた温泉で食事がビュッフェなら、今の私には最高なんだけど(笑) そんな宿、ないですよねえ?


|

より以前の記事一覧