34 posts categorized "岩手・東北"

フォトジェニックな?ラーメン@白河

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


フォトジェニックな?ラーメン@白河


ええと、まずはいわゆる「お天気の話」的な話題。
というか、ホントにお天気の話なんだけど。

今日の雷雨、すごかったですね。
青梅街道でも冠水したみたいですが、吉祥寺は大丈夫だったのかなあ。(以前、ライブハウスやコンビニが床上浸水しましたよね)

今年はホントに変な天気。野菜も生育が悪いみたいですし、自分ちの梅干しを心配している場合じゃないなあ。

テレビでは、「野菜が高くて困るわ」とか「高いから買えない」というようなコメントを流したりもしていますが…でも、一番困っているのは、農作物を作っている農家の皆さんですよね。せっかく作ったのに生育が悪かったり、がんばって出荷しても高いといわれたり。当然収入も減るでしょう。

これで海外の安い農作物が流入してきて、その後の市場まで奪われたりしたら、農家だけでなく、後々日本の経済もダメージを受けてしまいます。


ということで、去年の東北・北海道の水害でもそうしましたが、多少高くても不恰好でも、なるべく国産のものを選んで、買い支えたいと思います

家族が多くて食費がかさむご家庭では、なかなかそうもいかないでしょうけど、ウチは二人ですしね。


さて、本題。

冒頭の写真は、前回も書いた温泉旅行中に食したラーメンです。これも実食(?)は旦那オンリーです。

これ、白河ラーメンの某人気店なんですが、店名は明かしません。なぜなら、前回のソースカツ丼とは逆に、あまりにも旦那に不評で(苦笑)

(あ、ソースカツ丼がどの地方のものか、バレバレですね 笑)


見た目は素晴らしいですけどね~


白河ラーメンといえば「とら食堂」が有名ですが、この日はとら食堂はお休み。で、もう一軒目星をつけていたお店に行くと、移転?閉店?で開いていない!

ということで、急遽やってきたのがこちらのお店でした。
この写真で、どこのお店かわかるかな~。


他の方のレビューを読むと、スッキリとしたスープとしっとりしたチャーシュー、自家製麺がおいしい、というような感じ。いわゆる昔懐かしい「中華そば」かなあ、というのが事前のイメージでした。(というか、白河ラーメン全般がそういうイメージですかね 笑)

で、旦那が食べている間、私は駐車場にとめた車の中で待っていたのですが。

戻ってきた旦那が一言、「ダメだった!」(苦笑)

スマホで撮った写真を見せてもらうと、うん?かなりおいしそうですよねぇ?

「昔懐かしいシンプルで素朴なラーメンって感じで、悪くなさそうだけど。それに、服から田舎のドライブインのラーメンのようなにおいがするよ?」と聞くと、

「その通りなんだよ!基本は昔ながらのラーメンって感じなんだけど、その上にラードみたいな脂が浮いてて、それがもう、たまんないんだよ。脂っこくなってしまって、コクも何もわからない。しかもチャーシューはパサパサで…何か間違ったのかな」

だそうで。

ラード?


ラード?


これ、鶏油じゃなくてラードなんだ?
でも旦那はラード自体は嫌いじゃないので(義母の手作り餃子にはラードが欠かせません)、何らか、豚の臭みを感じたのかも?


この写真を見ると、澄んだスープに本格的なチャーシュー(よくある煮豚じゃない)、プリプリしていそうな縮れ麺も、おいしそうなんだけどなあ。フォトジェニック・ラーメン(?)なのか。

ともあれ、

「普通の昔風のラーメンに脂を足して、コクが出たというより味がわからなくなった感じ。わざわざ遠くから出向いて食べるものじゃない」

というのが旦那の総評でした。キビシイ…。去年のガッズィーラの感想並みにキビシイ。

あ、麺はおいしかったそうです。
まあ、私は食べていないので、あくまでストライクゾーンが異常に狭い旦那の感想です。ファンの方、ゴメンナサイ。

いや、でも、しつこいですが、写真を見る限りおいしそうだけどなあ…

余談ですが、私がこれまで地方で食べたラーメンの中で一番おいしいと感じたのは、冬の北見(北海道)のラーメン屋さんでたまたま食べた味噌ラーメンです。(札幌じゃないです)

自分の息で髪の毛が凍るような寒さの中、たまたま入ったお店で食べた味噌ラーメン。体があったまってねえ、今思い出しても「あーーー、あれ、おいしかったなあーーー」と、しみじみします(笑) もう、細かい味とかはどうでもいい(笑)

食文化は、その土地の気候に合わせて発展するんだなあ、と実感した一品でした。ラーメンでいえば、山形の冷やしラーメンとかもね。


じゃあ白河ラーメンは?っていわれると、ちと困るんですけどね(笑)

|

残暑お見舞い?申し上げます(生存報告)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


あーあ。また一か月以上放置してしまいました(しかも前回が朝ドラ「ひよっこ」の話って)。

まずは、生きてまーす!

相変わらず体調低調で過ごしております。
色々と書きたいことはあるのですが、取り急ぎ、 生 存 報 告 です。


ソースカツ丼


上の写真は、この夏の温泉旅行中に食べた、ソースカツ丼です!
といっても、食べたのは旦那(笑)。
私は今、こういうごっついものは食べられないので。

ソースカツ丼、今各地で「ご当地グルメ」として人気ですよね。
でも旦那は、これまでどこで食べても満足したためしがなかったのです。

ところが今回は、その旦那が大絶賛するほどの抜群のおいしさだったようで。

これがどの地方の、どのお店のソースカツ丼かは、またそのうちに…(多分)
(知っている人はこんな写真だけでも分かるんだろうなあ)


ということで、残暑の折、皆様おいしいものをしっかり食べて、ご自愛ください。
といっても、残暑というより「残梅雨」みたいなお天気ですけどね。未だに梅干しが干せない…

|

我が家のカケ…じゃなくてカキ問題

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


我が家のカケ…じゃなくてカキ問題


世間では加計(かけ)学園がどうとか、日々ニュースで騒いでいますが、ウチではもっと前からカケ問題…いや、カキ問題が生じていました。

ネタバレ写真を堂々とトップに出しておいて書くのもしらじらしいですが、牡蠣ね、カキ。

私が松島で「一人かき小屋」をしたり、(以前の写真だから少し小さいです)


ホカホカの蒸しかき出現!


「一人かき鍋クルーズ」をしたりしているのが、旦那にはどうにも不満だったらしく


火を入れる前のかき鍋


ゴールデンウィークの東北旅行中、松島に行きたい松島に行きたいカキが食べたいとうるさかったのです。

が、松島のカキは冬なんだよ~ん。もう終わったんだよ~ん。


そこで思い出したのが、松島にほど近い塩釜の水産物仲卸市場でした。


塩釜の仲卸市場の岩ガキ


この仲卸市場、いわば東北の築地というべきプロ用の市場なのですが(あっ、この問題、築地問題まで内包してたのね!← してません)、観光客向けにもサービスがあって、カキをその場で食べさせてくれたり、買ったお刺身をご飯に乗せて「マイどんぶり」にできるコーナーがあったりするんです。夏に食べた岩がき、おいしかったなあ…(出張帰りにどんだけカキを食べてるんだ)


ということで、塩釜水産物仲卸市場。


塩釜水産物仲卸市場


もうプロの皆さんは一仕事終えた後で、あとは観光客相手といったのんびりした雰囲気でしたが、こういう市場が好きな旦那は大喜びです!


魚の頭を解体中


おじさんが小さいマグロ?の頭の部分を解体していました。すき身を取ったりもしていましたが、あれ、食べたかったなあ(笑) あと、写真右上に見える、隣の店のタコの人形が気になる(笑)


キンキのお店


どうもこの市場でこの手の飾りがはやっているようで、あちこちに店で取り扱う魚介類の人形がありました。キンキのぬいぐるみなんて初めて見たよ!


そして、問題のカキ!この時期でもカキはちゃんと売っていました。
市場中をぐるぐるぐるぐる回って(笑)吟味した旦那は、カキ一つとホタテ一つをゲット。(そのあとに塩釜でお寿司の予定だったので、これは「おやつ」ということで 笑)

旦那は生ガキは食べないので、買ったカキを、市場のすぐ外にある「自由炉端」で焼いて食べることにしました。


自由炉端で焼いてもらいます


ここでは自分で焼くのが前提らしいんですが、この時は管理人?のおじさんが焼いてくれました。慣れない観光客が多いと混乱するから、ですかね?ちなみに炉端の使用料は100円だったかな。

これがね~、良い香りなんですよ~香ばしい香り。ひっきりなしに焼いているので、あとで体が煙くなりますけど(笑)


焼いてもらったカキとホタテは、セルフのテーブルコーナーでいただきました。


カキとホタテ


で、念願のカキを食べた感想。

旦那曰く、「君には悪いけど(私は食べていないので)、今回の旅行で一番おいしかったのは、塩釜のカキだった」ということです。旅館の料理人さんたちが泣きますね(苦笑)。でも旦那が大満足してたので、ま、いっか!

あと、肉厚のホタテも相当おいしかったみたいですよ!


ホタテもおいしかったそうな


ということで、「君だけずるい」と旦那に言われ続ける「我が家のカキ問題」は、これにて一件落着でした。

夏の東北旅行には、塩釜水産物仲卸市場、おすすめですよ。(でもカキは年中あるのかな?)

|

温泉宿とごはんの話

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


カマ焼き、と書かれていましたが、カブト焼きだよねえ


あのですね~、
近頃数少ない吉祥寺のランチネタの写真を掘り起こそうとしたのですが。

なぜか、ぶっ飛んでしまったようで(涙)

本当は別ブログネタになるべき話題ですが、概略だけこちらに書かせていただきます!


銀山温泉・渋カッコいい


今年のゴールデンウィークは、東北(宮城、山形、福島)の温泉をあちこちまわりました。

で、泊まったのは、食事がブッフェというかバイキングというか、まあそういうタイプの宿が多かったです。


食事会場の一角


食事がバイキングというと、「ファミリー向け」「味はそれほど」のイメージがありますが、近頃はあちこちの宿が、コストは抑えつつ色々な趣向を凝らしているようで、バイキングもそれはそれで楽しいです。


東北屋台


中でも、その土地の郷土料理を色々紹介していたりするのは良いですね!地元の人には当たり前のものでも、観光客には目新しくて楽しい、しかも基本的にお手軽、というイイことづくめ(笑)


団子汁がおいしかった


バイキングではローストビーフやらカニやら天ぷらやらを目玉にしている場合が多いですが、私はこういうちょっとしたものが楽しい。


それになにより、食べなくてもいいというのが、今の私にはとてもありがたいのです。


お高い旅館や、逆に手軽な民宿のようなところでは、食事はあらかじめ決まったものが出されますが、ワタクシ、だたいま少々(少々ね)体調不良のため、そうしたものを全部は食べられないのです。

でも、出されたものを残すのは申し訳ない。
じゃあ食事なしのプランに、とも思いますが、宿の近くに食事ができる場所があるとは限りませんよね。私一人ならともかく同行者(旦那)もいますから、宿で食事ができるほうが助かります。

うーーん。

そういう場合、中~大型ホテルのビュッフェはありがたい。旦那は好きなだけ食べて、私は食べられるものだけ食べればいいので、本当に気楽です。


一口分のスムージー


とはいえ、とあるホテルでは、ローストビーフを得意げに切り分けていたお兄さんが、すぐ近くの席の私が全く関心を示さないのが気になったようで、チラチラチラチラとこちらの様子を覗っていました。ご、ゴメンナサイね…

何だか申し訳なくなって取りに行ったら、パッと明るい笑顔になって、ニッコリと大きく切り分けて分けてくれました。 ま、実際に食べたのは旦那なんですけどね(笑)


そういう大型ホテルは基本的に小奇麗だし、温泉の種類が多いところは特に、けっこう楽しいです。

でもホントは、ひなびた山中の一軒宿、なんて雰囲気のところの方が好みなんですけどね。


ひなびた温泉宿


こういうところはまわりに飲食店がないので、食事は必然的に宿で取ることになりますが、今はそれが少々気がかりというか、ネックというか。小さなで宿はなおさら、食事を残すのは申し訳なくて。

かといって、自炊部でOKなほどの温泉通じゃないしなあ(苦笑)


温泉シブい


ひなびた温泉で食事がビュッフェなら、今の私には最高なんだけど(笑) そんな宿、ないですよねえ?


|

とある島の、とある丘

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


窓辺


井の頭公園、金曜日には桜がポチポチと開花し始めました。
週末の間にまた少し咲くのかな?来週はお花見が始まりそうですね!


で、今回は吉祥寺の話ではなく。(最近そんなんばっかだよ)

前回「寒いところと東京を行ったり来たり」と書いたところ、「今度はどこに行ってたの?」と聞かれましたので、ちょこっとだけご紹介。

少し前、とある島の、とある小さな集落に行っていました。


170322_fuku_9


向こうはまだ寒くて、雪が降ったりやんだり。私が泊まった宿の前も、雪と氷でツルツルでした。
建物が18世紀の様式とかなんとか、古~いので、廊下は寒く、一方で部屋の暖房がガンガンだったりして。


宿の前


集落の一帯はこんな感じ↑の本気でレトロな建物ばかりですが、一つだけ超立派なお屋敷(マナーハウス)があり、その中も見学させてもらえました。


マナーハウス廊下


なんだか、ボグワーツなんたら(笑)の中みたい。


マナーハウスステンドグラス


私たちが集落についたころ、高校生くらいの子どもたちが大勢いたのですが、皆黒いマントを着ていて、ホント、魔法学校みたいでしたよ!


で、食事はパブで。


パブ外観


ステキなレストランもありましたが、せっかくなら地元っぽいところがいいかなあと思って。(というか、レストランはドレスコードがあったので、めんどうだったというのが本音…)


パブ


中は意外にも広く、とても良い雰囲気です。でも、食事の内容はね、まあ、ほら。

フィッシュアンドチップはアレだと聞いたので、チキンアンドチップなるものにしたのですが、


パブのチキン


チキンも揚げ物なのね~。しかも味がしない。ケチャップをつけて食べるようですが、こういうものには下味をつけないんですね。んーー。

フィッシュケーキというお魚のコロッケのようなものはおいしかったですが、揚げ物ばかりだったなあ。でもまあ、本場のパブ体験だからいいかなあ。(昔吉祥寺にあった「シャムロック」のほうが、大衆酒場的な雰囲気があったけど 笑)


さて。

私はどこに行っていたのでしょう?


ヒント。ここから車で20分ほど行くと、↓こんな観光地もありますよ!


大内宿


答え。 

福 島 の、ブリティッシュヒルズという場所です。

(あ、上の宿場町は大内宿ですよ!)


ブリティッシュヒルズ、標高1000mの高原にあるので、めちゃくちゃ寒かった~!
でもきっとゴールデンウィークのころは素敵でしょうね!

ちなみに、語学研修で来ていた子どもたちの黒いマントは、各部屋に備え付けられた備品でした(笑) みんなマントを身に着けて可愛かったなあ。

そのうち別ブログにアップし…、したいなあ、と思います(笑)


ということで。「とある」の「とある丘」の話でした。

追記:

福島というと放射線量を気にする方がいるかもしれませんが、何年か前にも書いた通り、今はもうだいぶ低くなっています…というか、持参したガイガーカウンターで計った限り、今回訪れた先はどこも、我が家より線量が低かったですよ!

(鉄筋コンクリート造りのマンション内は、コンクリートの材質によって線量が高いところが多いんだそうです)

|

山形物産展@東急吉祥寺と井の頭公園のカタツムリと

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


井の頭公園のカタツムリ


この週末、旦那が「山形!山形に行こう!」とうるさかったのです。

山形? ちと、遠くないかね?宮城の秋保温泉でも遠かったのに…と思いきや、何のことはない東急吉祥寺の山形物産展のことでした。

休みの日は、吉祥寺の街なかにはあまり行きたくないんだよなあ…(人出がすごいので)などと思いつつ、旦那があまりに山形山形とうるさいので、散歩がてら、東急吉祥寺までテクテク行ってきました。ちなみにこの物産展、28日(水)までですよ!


山形の名産品で知名度が高いのは、やはり「米沢牛」でしょうか。あと、果物もおいしいですし、玉こんなどの蒟蒻も。そうそう、秋は芋煮(里芋入りのしょうゆ仕立ての豚汁)のシーズンですね!それに、我が家でも愛食中のお米「つや姫」も、試食コーナーがありました(つや姫、おいしいですよ!)。


そんな中、今回あれこれいただいたのは。

まずは、なぜか抹茶ジェラート


抹茶ジェラート


イモトが登りそうなナイフリッジ(笑)

このジェラート、なんでもお茶屋さんがやっているとかで、抹茶の濃さによって何段階かのグレードがあるんです(笑) 写真は確か「プレミアム」とかいう、最も濃い抹茶ジェラートです。

これが、もう、めちゃくちゃ濃いんです。抹茶味が好きな旦那が大喜び。

抹茶なら山形じゃなくても…という気もしますが、まあおいしかったからいいや(笑) あ、山形らしくサクランボなどフルーツのジェラートもありましたよ!


続いて、山形といったら外せないのは、なんといってもおそばでしょう!

この物産展では明烏というお店が出店していて、仮店舗でイートインすることができます。


今回頼んだのは、山形ならではの板そばです。(そういえば芋煮もありました)


板そば160927_yamagata_2


山形の板そばといったら、あらきそばのようなドカーンとデカいものを連想しますが、こちらの板そばは、普通のテーブルに普通に収まるまっとうなサイズ(笑)でした(それに、ちゃんと簀の子になってますね)。

しかも、おそばの見た目が、細く、つやつやとして、しかも白っぽい。

んん?なんか山形のおそばっぽくないかも… こういう物産展では東京の人の好みに合わせるのかな…

と思いきや。


160927_yamagata_3


か、固い。

見た目つやつやと細く、上品そうなのに、食べたらちゃんと山形でした(笑)

旦那、再び大喜び(笑)

舌触りは比較的つるっとしていて、麺の細さがランダムなのが面白い(わざとじゃなくてランダムになっちゃうのかな)。蕎麦の香りはあまり強く感じませんでしたが、つゆは甘めで、食べやすい味です。

うーん。思った以上の山形度(笑)。物産展の仮設店舗で、しかも810円でこれが食べられるのは、ちょっと驚きです。

あ、でも、まだお昼前で空いていたせいもあるかも知れませんね。混んでくるとゆで置きになっちゃうかも。おいしいお蕎麦が食べたい人は、早めの時間をお勧めします。


そうそう、この仮設の店内には山形の観光名所のポスターが色々貼られていて、それを眺めるのも楽しいですよ。中でも私がうれしかったのが、これ。


肘折温泉のポスター


肘折温泉!

この渋~い湯治場、ただいま若い女性をターゲットに売り出し中のようです。ふっ、やっと時代が私に追いついてきたわね(違う)。

そして最後にもうひとつ食べたのが、「でか金つば」!


でか金つば


旦那のデカい手の上ではあまり大きく見えないのが毎度残念なのですが、でかいし、四角い(笑) このきんつば、サイコロみたいな立方体なんです。

私の中で過去最大級のきんつばといえば、京都・東寺の厄除け金つば(下の写真)なのですが、それに近い大きさかもしれません。


東寺の金つば


で、中がまたちょっと面白いというか。


でか金つばの中


今回いただいたのは、ベーシックな小豆の金つばだったのですが、小豆が、固い(笑)

固いといっても、もちろん食べられないような固さではないのですが、普通の小豆餡ではこんなに固いことはないだろうという、主張のある粒つぶ感。以前銀座のアンテナショップで食べたときは、こんなに固くなかったよ!?

旦那が「山形の食べ物は全体的に固いんだなあ」というのですが、多分そういうことではない(笑)

このきんつば、その場(物産展の会場)で作ったものを包んで出していたので、この時作った人の好みが固めだったのかもしれませんね。
でも、甘さ控えめで、かつ主張の強い小豆がユニークな金つばでした。


ということで、山形物産展の話はここまで!

おしまいは、冒頭にもあるなぞのカタツムリ(笑)の話。

井の頭公園のカタツムリ


これ、物産展に行く前に井の頭公園を歩いていたら、旦那がしきりにスマホで撮っていたのです。

なんでカタツムリ?と思いきや、「君がブログに使うかと思って

えっ。

なんでカタツムリ??(二度目)

「井の頭公園のことも色々書いてるから」

いやまあ、確かにそうだけど…基本的に食べ物のブログに、カタツムリは… 見る人は、どうなのかな(苦笑) 

でも、可愛く撮れていたので、せっかくなので出してみました。

こちらは食べられませんが(笑) この日の井の頭公園の一コマということで。

|

近況…というか生存報告

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


狛犬…?


毎度毎度スミマセン。生きてます!

旦那帰国と入れ違いに私が出かけたりしつつ、生きております。

ただ、ちょっと元気はないかな…

ここしばらくの間に、いろんなことがありましたね。

岩手や北海道の台風被害には心が痛みます。シン・ゴジラ、ちょっと暴れすぎじゃね?

仙台の出張帰りに、思わず岩手まで足を延ばしてしまいました(仙台→盛岡は「足を延ばす」の範疇に入るかどうかはさておき)。といっても、若干のお金を使った程度で、特に何もできませんでしたが。


ちなみに冒頭の写真は盛岡のとある神社の 狛 犬 です。…いや、ホントに。


モアイじゃなくて狛犬です


こちら↑は「阿」のほうね。

で、「吽」はこちら↓。


吽


デフォルメの域を超えた阿吽の狛犬。盛岡の隠れた名物?です。しかしなぜ阿と吽で耳の形が違うのか。犬種?が違うんだろうか。

私が井の頭の弁天様の狛犬が好きなのは、実はこういうところにルーツ(?)があったのかなあ…(いや、崩しかたのレベルがまるで違いますがな)


このとぼけた狛犬に興味をお持ちの方、どうぞ岩手、盛岡に足をお運びください。どこの神社かはそのうち旅の覚え書きに書きたいと思いますが、「盛岡 狛犬」で検索すれば、おそらくすぐに出てきます(笑)。


あと、盛岡にはシュールなものばかりでなく素敵なものもちゃんとありますので、ご安心ください(?)


ステキ盛岡


10月は「いわて国体」があるので、その期間をずらした日程がおススメです。


お堀の跡

10月下旬~11月上旬は不来方城(盛岡城)址の紅葉も楽しめると思います。その分寒くなりますけどね!


|

吉祥寺でも銀座でも「岩泉ヨーグルト」が買える!

Continue reading "吉祥寺でも銀座でも「岩泉ヨーグルト」が買える!"

|

あれから5年/久々のアルファ米(非常食)

Continue reading "あれから5年/久々のアルファ米(非常食)"

|

今日の一枚:仙台みやげの「ずんだロール」

Continue reading "今日の一枚:仙台みやげの「ずんだロール」"

|

より以前の記事一覧