43 posts categorized "吉祥寺・ラーメン"

またまた今朝の井の頭公園+「支那そば あおば」(旦那酷評シリーズ!)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *

ええと。

前々回と同じパターンですが、本題が少々書きずらいので、まずは今朝の井の頭公園。


井の頭公園色づいてきました


台風が過ぎ去ったと思えば、それ以上の強風で木枯らしが吹き。

井の頭公園にも突如、秋がやってきたようです。

今年は「木枯らし」という言葉を実感しました。枯れた葉っぱがグワーッと一気に落ちて、道が枯れ葉でワサワサしてましたもんね。

この時期、日々移り変わっていく公園の眺めが楽しいのですが、前に書いた通り、今カメラを持つ余裕がないから困る(?)んです(笑)!

紅葉が見ごろになるのは、私の日々の荷物が減って、そこにカメラを入れられるようになるまで、ちと待ってほしい(笑)


さて。いよいよ(?)「あおば」のハナシ。


支那そば あおば


あ、少し前に吉祥寺にできた「青葉」の支店ではなく、武蔵境のほうの「支那そば あおば」です。

(「青葉」はだいぶ前に中野の話を書きましたが、吉祥寺店には行っていません。ただ、他の支店でも安定しておいしいので、きっとこちらもおいしいんでしょう)


かねてから行きたい行きたいと思ってる、支那そば あおば。「ラーメンの鬼」、故佐野実氏のお弟子さんのお店ということで、非常に期待しているのですが、少し前に書いた通り、今私は諸事情によりラーメンが食べられません。

で、旦那が私に内緒で、こっそり下見に行ったようなのです…もちろん「見」ただけじゃなくて食べたんだけど。下食?(なんだそれ)


そうしたらですね。

もう、前回以上の酷評。
それも、これまた味以前に「店主の態度が、いくらなんでも悪すぎ!」だそうで。

ここ、ラーメン通の方々の間では、非常に評価の高いお店なんです。
だから、味については単に、旦那の好みに合っていなかっただけ、かもしれませんが。

旦那の話をまとめると、

  • 確かにおいしいけど、動物系の味が立っていて、かつ想像よりオイリー
  • その脂のせいか、魚介系の味や深みがあまり感じられなかった
  • チャーシューはすっごくおいしかった!
  • 全体的には、どこかに突出した点や大きな特徴がある感じでもなく
  • 総じて、評判ほどは…
  • なにより店の雰囲気が非常に悪い。店主が「食わしてやってる」という態度
  • 店の独自ルールがあるらしく、知らない客に不親切

という感じ。


チャーシューおいしそう


なんでも、旦那が行ったとき、デート中らしい若い男女客がいたそうなのですが、彼女が途中でワンタンを追加したいといったとか。で、彼がそれを店主に伝えたらしいのですが、店主から帰ってきた返事は、一言「ないよ!」だったそうな。

で、そのカップルはその後、いやな雰囲気になって、ずーーーっと無言だったそうです…。
(そのカップルが何か、店主の気に障ることをしたんですかね?)

また、他のお一人様のお客さんの場合、カウンター越しに目の前の店主に声をかけたのに、ガン無視。何度「すいません、」と声をかけてもガン無視。(大事なことなので2回書きました)
自分が作っている間は客の声を一切聞かない、返事すらしないという傲慢な態度だったそうで。

自分のことなら文句も言えるけど、他のお客さんに対して横柄なのを見ると、口出しするわけにもいかないし、ホント気分が悪いんだよね。

ラーメン屋に恭しい過剰なサービスなんて期待しないけど、客が気分を悪くするような態度はおかしいでしょ?格安ガソリンスタンドにガソリンを入れに行ったわけじゃないんだから、いくら味が良くても店側の態度に不愉快な思いをしながら食事なんてしたくないよ。君と一緒じゃなくて本当に良かった、きっと嫌な気持ちになったから

だそうです…(意外と私の方が気にしなさそうな)。

ま、そういいながらチャーシューはおいしかったそうですが(笑)。
旦那は普段、ラーメンのチャーシューにはあまり興味を示さないので、相当おいしかったのでしょう。

あと、旦那が「オイリー」と感じたのは、私がウチで作るラーメン(自家製スープ、脂ごく少な目)に慣れてしまったからかもしれません。

ホント、ラーメンの味の評価は人によって全然違いますからね…。


それにしても旦那は、ラーメン屋の接客にはやたらとキビシイというか。
私としては「ラーメン屋だよ?」と思わないこともないのですが(上杉のオバサンは許すのに 笑)、とはいえ、カップルが険悪になったり、初めてのお客がガン無視されて困っているような雰囲気中では、さすがに食も進まないでしょうね(苦笑)


そんなわけで、今回も、ほぼ「味以外のハナシ」になってしまいましたが。

ラーメン屋はなぜ、味さえよければこういう「俺様店長」が許容されるんですかね?人気の「俺様店長カフェ」とか「俺様店長イタリアン」とか、聞いたことがないよ?

旦那の言葉を借りれば、この手のラーメン屋には「ガソリンスタンド」的なところがあるのかな。「雰囲気はさておきラーメンを食べるためだけに来る」「味さえよければ(ガソリンスタンドの場合は安ければ)他は別に気にしない」みたいな。

そういうお店と考えれば、カップルよりもお一人様が気楽かなあ。

もし私が一人で行って、すごく満足しちゃったらどうしよう!?(その可能性は多分にある 笑)

しかしここのところ、自分が行ってみたいと思っているお店が、行ってくれた人に今一つ気に入ってもらえず、ちょっと凹んでいます(涙) 一度は自分で行かないとね。


|

吉祥寺で永福町系!「三鷹大勝軒」って、ややこしい(笑)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


三鷹大勝軒


今回、前置きが長いです。いつもか(笑)。
めんどくさい人は、後半の感想のみどうぞ。


先日、今話題のラーメン屋さんを酷評した旦那ですが、ここのところ、私が留守の日にポツポツと気になるラーメン屋さんに足を運んでいるようです。

(実はワタクシ、今、ラーメンが食べられないんです。 口にすると体調が悪くなるものが、ラーメンには必ず使われているので。あー、なんてこった!)

で、そうやって旦那が訪れた中の一つが、吉祥寺に最近移転してきた「三鷹大勝軒」。

大勝軒というラーメン屋さんは、全くタイプが異なる「池袋系」と「永福町系」の二派閥(?)が有名ですが、吉祥寺にはもともと池袋系の大勝軒があります

ところがこの6月、永福町系の大勝軒が、三鷹から吉祥寺に移転してきたのです。

池袋大勝軒ではなく永福町大勝軒の系統である三鷹大勝軒が吉祥寺に来た。何が何やら。

ともかく、永福町系大勝軒のラーメンが吉祥寺で味わえる、ということです。知らんかった!

いや、実は少し前から「三鷹大勝軒」というのぼりを見かけてはいたんです。
ただ「大勝軒が、ずいぶん遠くにまでのぼりを出してるなあ」と勝手に勘違いしていたんですよね。吉祥寺に大勝軒が2店舗、とは思わないですから。まあ、違う系列なので、全く不思議はないんですけどねぇ。

(あっ、ってことで今回も、私ではなく旦那ネタです!)


しかしこの店、場所がわかりにくい。
永福町系大勝軒が引っ越してきたのに、なんで話題にならないかな?と思っていたのですが、まだ皆さんご存知ないんじゃないですかね?

ジャズ喫茶で有名なメグがあるビルのようですが、一階の、スナックの奥の奥に位置するらしく。


わかりにくい場所!


(矢印はワタクシの補足です。当然現場にはありません!)

旦那によれば、「まわりが真っ暗で、そこにラーメン屋があるなんて全然わかんないんだよ!」とか。


ここが三鷹大勝軒だ!


意外と夜のほうが、明かりがついてわかりやすかったりして。

ちなみに、本家の永福町大勝軒には、十数年前?に旦那と行きました。ここも熱烈なファンが多いですもんね。実は私も、知人に強力にプッシュされて行ってみたのです。

が。

これが、ねえ。

「このやたらと高い単価と、値段に見合わせるためなのか無駄に多い、しかもベロベロデロデロの麺は、いったい何なんだよ!?

というのが、当時の率直な感想でした。

とにかく記憶に残ったのはデロデロの麺。スープの味なんてぜーんぜん覚えてない(苦笑)
いや、ファンの方、ホントにスンマセン!(この時も長時間並んだんですよね…並んだ時間と評価は反比例するよなあ)

まあとにかく、私も旦那も、その当時の好みにはうまくハマりませんでした。


なので今回は、旦那はどんだけ酷評…じゃなくて、どんな評価をするのかなあ?と思ったのですが。


三鷹大勝軒


旦那曰く、

あの時の記憶とは全然印象が違った

そうで。

麺が柔らかいのは同じらしく「そういうものなのか、ゆで過ぎなのかがよくわからない麺」と評していましたが(笑)、煮干しの味が効いたスープがなかなかおいしかったようです。

「スープにコクや深みがあるというよりも“わかりやすい”おいしさ、という感じ」とかなんとか。味がシンプルで強いってことなのかな?「昔風の、おいしいラーメン」と感じたようです。
へー、本家の永福町では、スープは全く記憶に残らなかったのにね(麺のインパクトが強すぎて 笑)

「スープに、その店ならではの特色があるのはいいよね。いかにもその時の流行のど真ん中、って感じのものよりも、独自のカラーがちゃんとあるお店はいいと思う」だそうです。


また、こちらはサイズが選べるのだとか。永福町のお店は、麺がやたらと多くて単価が高いんですよね。でも適量を自分で選べると、途中で嫌にならないのでありがたい(笑)。

とにかく、もともとの期待値が低かったので、意外なほどおいしく食べられて、結構満足してきたようです。


永福町大勝軒、ファンが多いお店なのに私はどうにも共感できず、「今食べたらどう思うのかなあ」などとと時々思い出していたのですが、永福町に行かずとも、近場で食べられるチャンスが出来ました。

まあ、まずはラーメンが食べられるように体を治さないと、なんですけどねぇ。

(もともとラーメンが大好きなので、昔は「もしラーメンが食べられなくなったら、辛すぎて死んじゃう!」などと思っていましたが、実際は意外とそうでもなかったです。人の感想を見聞きするだけでも結構楽しい。慣れってすごいですね 笑)


最後に一言。


ナルトカワイイ


ここのところ、フォトジェニックラーメンばかり見てきた目には、この彩りのなさが、逆に新鮮だなあと。

ナルトの白とピンクがやけにかわいく見える(笑) トップの写真に記した店名の文字をピンクにしたのは、この影響です(笑)

ここのラーメンがおいしいかどうかは、私は食べていないので本当のところはわかりませんが、食べ物は、写真映えよりもやっぱり味ですよね?

もちろんおいしそうな雰囲気は大事ですが、「オシャレ具合」や「インスタ映え」を食べてるわけじゃないもんね。

(※とはいっても、店員さんの態度が悪いお店やお客さんの柄が悪いお店は、味以前の問題として、それもそれでアレ、ですけどね…って、なんだか指示語ばっかだな)

|

旦那酷評シリーズ!ラーメン「Tombo」(注:味とはあまり関係ないかも)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


このブログをよくご覧の方は、私の旦那のストライクゾーンが、食べ物にしろ何にしろ、異常に狭いことはご存知かと思います。

で、今回も旦那の酷評シリーズ。先日吉祥寺(のはずれ)にオープンした期待のラーメン屋さん、Tomboです。


ラーメン「Tombo」170911_tombo_1


こちらのお店、地雷原グループで修業した方が新規オープンしたとかなんとか、前評判から高かったですよね。

ビジュアル的にも私好みっぽい清湯ラーメンで、個人的にもとても期待していたのですが、私はまだ行く機会がない。

ということで先日、まずは旦那が行ってきたのです。


でね。

もう、詳しい味などは巷のラーメン通の方のコメントをご覧いただくとして(なんだそれ)。

とにかく、旦那、酷評。

「おいしくなくはないけど、これといった特徴のない普通のラーメン。あんなに並んで食べるもんじゃない

げっ。またそれか。

ちょっと、写真を見せてよ、とスマホをのぞくと、


170911_tombo_2


えーー、おいしそうじゃん、どうみても私は好きそうなんだけど、これでダメなの?

根掘り葉掘りきくと、どうも味以前の問題として、お店の雰囲気がとても良くない…というか、旦那が不快に感じるタイプのお店だったようで。

まず、店員さんの態度が悪い

店員さん(店長さん含む)が3人いたそうですが、どの人も愛想が悪く、段取りも悪い。
食券を受け取る店員さんは、何も言わず、むしり取るように食券を取り。

調理している人もなんだか不慣れな感じで、「スープに麺を入れてからこっちに出すまで、3分くらいかかったんだよ!?」だそう。(私同様、のびた麺が嫌いな旦那は、こういうのが許せないのです 笑)

まあ、3分は大げさなんじゃないかなあと思いつつ、とにかく、ちょっとまだ不慣れな様子というか、お客をさばけていないようです。その時厨房にいたのは店長さんじゃなかった、なんてことはないのかなあ…

で、味は前記の通り「おいしくなくはないけど、あんなに並ぶほどの味じゃない」と感じたようで。

「あれで特に待たされずに食べていたら、もっとおおらかな気持ちでいられたかもしれないけど、行列して待ってあの程度ならもう行かない」と、相変わらずキビシイ…

そしてダメ押しが、隣の席のお客さん

「隣の席の男が裸足で、イスに胡坐をかいて座るんだよ!」(つまり、他人の裸足の足が旦那の足に触れるんだそうで)

そ、それは、店の責任じゃなかろうと思うのですが(苦笑)…まあお店の雰囲気と客層はリンクするからなあ…


旦那の話は全体的に「それって味とは違う話だよね」という気がしますが…、
でも、飲食店は味だけを売っているわけじゃないですからね。
それを考えると、くじら食堂なんて、ホントに素敵(笑)


とまあ、今話題のラーメン屋さんにいきなりダメ出しで恐縮ですが、んー、どうなのかな。おいしく食べたいなら、もうちょっと混雑が落ち着いてから行ったほうが良いのかもしれません。


でもねー、本当はきっとおいしい気がするんだよなあ。
いつか旦那がいないときに、一人でこっそり行ってみよう(笑)

あ、旦那はいつもラーメン屋を酷評ばかりしているわけじゃないですよ!最近では、三鷹の向日葵が良かったそうです。(ただし、現在店長さんが入院中でお休みだそうで。お早い回復をお祈りします)


+ + + + +


おまけ。今朝の井の頭公園。


170911_inokashira


旦那の気持ちを表したように(?)、相変わらずアオコでよどんで、サイケなマーブルになっております(笑)

これ、いつまでこうなのかな。

昨晩NHKで、井の頭池のカイツブリの特集をしていましたが、カイツブリのヒナが(何者かに捕食されて)減ってしまったというシーンがありました。

少し前、どなたかのブログで、「アオコで不透明になった水面を隠れ蓑に、スッポンがカイツブリのヒナを襲っている」という話を読みましたが、うーん、生態系って複雑ですね。

|

博多ブラックCURRY@博多一風堂(期間限定!)★訂正あり!

Continue reading "博多ブラックCURRY@博多一風堂(期間限定!)★訂正あり!"

|

麺僧の和風鶏だしそばと鳥良の手羽先

Continue reading "麺僧の和風鶏だしそばと鳥良の手羽先"

|

一蘭のラーメンとクリスマスのエンゼルフード

Continue reading "一蘭のラーメンとクリスマスのエンゼルフード"

|

琉Q麺伝(りゅうきゅうめんでん)+弁天様の狛犬の話

Continue reading "琉Q麺伝(りゅうきゅうめんでん)+弁天様の狛犬の話"

|

熊本ラーメン@くまもと県物産センター(閉店)&ここしばらくの出来事について・その2

Continue reading "熊本ラーメン@くまもと県物産センター(閉店)&ここしばらくの出来事について・その2"

|

「旅人の木」のつゆそばと塩そば(閉店)

Continue reading "「旅人の木」のつゆそばと塩そば(閉店)"

|

パーミーラーメンセンター(閉店)

Continue reading "パーミーラーメンセンター(閉店)"

|