102 posts categorized "吉祥寺・飲食以外"

早春の井の頭公園

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


井の頭公園の水鳥たち


前回、豆まきを終えて「これで春を迎えられますよ~」と書きましたが、吉祥寺…というか井の頭公園、少~しずつ、春の気配が感じられるようになってきました。

日差しも暖かく変わってきましたし、花もほころび始めていますよ。


早咲きの桜


これは西園(ジブリの方)の早咲きの桜です。そういえば前も書いたなあ

一週間前の写真なので、今はもっと咲いているんじゃないかな??


そして、井の頭池周辺では梅もちらほら。


雨の中の梅


これも先週、雨が降った日の写真です。梅は曇り空もいいですね。
以前は梅を見て、ちょっと地味だな~と思っていましたが、今はこの控えめさが好き。
やーホント、歳をとったなあ(苦笑)


弁天様と虹


そして今の時期、朝なら、井の頭池や弁天池の噴水に虹がかかっているのが見られますよ!弁天様の赤い御堂と虹は格別の美しさです。

朝のお散歩の際、太陽を背に噴水を眺めて、虹が見える位置を探してみてくださいね。


|

井の頭公園の紅葉もそろそろ見納め(2016年紅葉)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


井の頭公園の紅葉もそろそろ見納め


あー、しばらく更新する間がありませんでしたが、井の頭公園の紅葉、そろそろ見納めっぽいかなあ。


前回の更新からの2週間で、あれよあれよと紅葉が進んでしまいました。


赤と緑


つい一週間前(上の写真)は、まだモミジが散り始めたところで、緑の葉と赤いモミジのコントラストがきれいだったんですが、散り始めたらあっという間です。


モミジ


まだ残っているところもありますが、もう間もなく見納めかな。


今、メタセコイヤやポンドサイプレスなどの針葉樹が一気に葉を落としていて、その葉が池に浮かんでいます(冒頭の写真)。地面は茶色いフカフカの絨毯みたいになってますよ!


針葉樹の紅葉


針葉樹の紅葉を見ると、いよいよ冬だなあと感じます(と、これ、つい最近も書いたような)


|

今日の一枚:しつこく今朝の井の頭公園(2016紅葉)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


次回から続いて豚汁の話と思いましたが、スンマセン、時間切れです!

とはいえ、井の頭公園の紅葉具合が知りたい人が多いようなので、取り急ぎ


今朝の井の頭公園


井の頭公園の紅葉、だいぶ進んで良い感じになってます。

で、今朝はなぜかカモたちが陸に上がってエサを探していました。

何なんだろ?水中のエサが減ったのか、陸上のエサが増えたのか??


木の幹に映ったモミジの影


だんだん冬らしく空気が澄んできた感じがしますね。

今朝、木の幹にモミジの影がくっきりと映って、風にサラサラ揺れる様子がきれいでした。


|

今日の一枚:井の頭公園も雪景色(2016紅葉)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)

* * * * * *


井の頭公園も雪景色(2016紅葉)


えーと、今日の話題はタイトル通り!東京は54年ぶりに11月の積雪を記録したとかなんとかで、井の頭公園もこの通り雪でした。

ついこの前撮ったのと同じ場所とは思えないなあ…


水面から蒸気霧が!


井の頭公園の雪景色自体はこれまでにも何度かご紹介していますが、今回「おっ?」となったのは、弁天池の水面から蒸気霧が立ち上っていたこと。急に気温が下がったので、まだ水温が高い池からのぼる水蒸気が湯気のように見えています。

ちなみにこの蒸気霧、井の頭池の方ではそれほど見えなかったんです。弁天池の方が地下水の水量が豊富ってことなのかな。


もやもやとした水面


いや、しかし、寒い!うわーん、今年の天候はめちゃくちゃだよー!BBAにはつらいって、あれほど言っているのに!(誰にだよ 笑)


この蒸気霧が温泉の湯気だったらいいのになあ、などとよくわからないことを思いつつ、雪の中、今日も職場へ向かいます…

|

今朝の井の頭公園(2016紅葉)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)

* * * * * *


今朝の地震、久しぶりの津波警報に動揺しましたが、大きな被害が出なくて、ひとまずほっとしました。

ここのところ地震が続いていますね。ついつい気が緩みがちですが、慌てて非常用のモバイルバッテリーを充電し直しました。

明日は非常袋の中身を再点検しようかな…

さて、今朝の井の頭公園は、雨上がりの風景がとてもきれいでした。


今朝の井の頭公園


紅葉は、晴れた日がいいのか、曇りがいいのか、順光が、逆光が…といろいろあると思いますが、雨上がりもまたイイですよね。


霞んだ感じの空


湿気を帯びて少し霞んだような空気感が、ちょっと夢見心地な雰囲気でした。


小道には雨で散った落ち葉が敷き詰められて、黄色いじゅうたんのようです。


木漏れ日


こういう朝は木漏れ日もきれい。

いつが紅葉の「見ごろ」なんでしょうね。こうしてみると、もう見ごろなのかもしれません。

|

クワランカ・カフェで豆腐のガトーショコラを食べる

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)

* * * * * * * * *


さて、今回ご紹介するのは久々に初めていったお店!いやホントに久しぶりだわ(笑)

丸井近くの隠れ家的カフェ、クワランカ・カフェです。


クワランカ・カフェ


と、その前に、今日の井の頭公園の様子。


今朝の井の頭公園


水生物園のメタセコイヤやラクウショウが紅葉してきました。

華やかなもみじの紅葉はもちろんですが、針葉樹の紅葉も好き。この情景を見ると、いよいよ秋が深まってきたなあ、と実感します。

あー、でも、これから寒くなるんだなあ…(苦笑)


――――


で、話を戻して「クワランカ・カフェ」。

ここのところ、いつかのkibi cafeのように「どこか新しいお店に行きたい!」という気持ちが爆発しかけていたのです。
そんな朝、ふと「クワランカ」という言葉が頭に浮かびました。(しばしば、意図しない言葉や音楽が、唐突に頭に浮かぶことがあるんですが…そういうこと、ありますよね?ね?)

クワランカ?

クワランカ…食らわんか?? いや、違うな(苦笑)。クワランカってなんだ??


ググったところ、すぐに出てきました。QWALUNCA。カフェの名前です。

ああ、そういえば聞いたことがある…もともと西荻に(その前は渋谷に)あったそうですが、数年前に吉祥寺に引っ越してきた、とかなんとか。

でもなぜその名が頭に浮かんだのかはわかりませんが、いずれにしても、旦那の帰りが遅い今日は帰宅前にカフェに立ち寄るチャンス!
不思議な思し召し(?)に導かれ、吉祥寺駅南側、かなりわかりにくいお店(笑)に行ってきました。
ちなみに場所は、ラーメンの武蔵家が入る雑居ビルの3階で、このビルの入り口がまた、中に飲食店があるとは思えないんだよなあ…(苦笑)。


でね。

それなりに名前が知られたカフェのようですし、同じビルの2階にある別のカフェと記憶が混同していまして、勝手に、こじゃれた大き目のカフェを想像していたんです。

が。

雑居ビルの3階、(視覚的に)わかりにくく、(心情的に)入りにくいドア(笑)を開くと


クワランカ・カフェ内装


あれっ。

思ったよりも小さめのお店。

それに、ディスプレイと販売を兼ねているらしい手作りの品があれやこれや並べてあって、なんというのかなあ、なんだかおもちゃ箱みたいな雰囲気なんです。そこに女性店長さん?が一人、にこやかに迎えてくれました。

あれーっ。

やたらとおしゃれすぎず、こじんまりとした大きさで、想像よりも好みのお店。これは嬉しい思い違いでした。


さて、軽くいただけるもの、とメニューを見たところ、スイーツ類の種類はそう多くないようでした。が、すぐに目に留まったのが「豆腐のガトーショコラ アイスクリーム添え」です。

「豆腐」の「ガトーショコラ」って… なんだ?

となれば、実際に食べてみるしかないでしょう!


豆腐のガトーショコラ


じゃーん。豆腐のガトーショコラです。

見た目は普通のガトーショコラなんですが、これ、不思議な食感なんですよ…

ガトーショコラというと普通、フォークを入れるとずっしりとした重めの感触がありますよね。で、モロッというかホロッというか、さほど粘り気がない感じ。

でもこれは、そういうのとは違うんです。もっとこう、弾力があって…でも「ぷにっ」でもないし「もちっ」でもない。お豆腐みたいに歯切れがよくないけれど、とはいえ「ねちっ」というほど粘るわけでもないでもないし…

しいて言えば、「もにっ」って感じかなあ。

味は濃厚なのですがしつこくなく、お豆腐を使っているためか後味はあっさりしています。これは、「豆腐」という名前と相まってケーキを食べる罪悪感を和らげてくれる魔法のガトーショコラですわ(笑)。

パティシエの凝ったお菓子もいいですが、こういう手作りっぽく素朴な、でもオリジナリティーのあるお菓子は、そのお店らしさが出て良いですね。
いっしょに頼んだチャイも、スパイシーすぎずにあっさり目でおいしかったな。


そうそう、ランチタイムには食事のメニューもちゃんとあるので、ランチにも使えますよ!

でも個人的には、ランチタイムをあわただしく過ごすより、時間がたっぷりあるときに来て、のんびり本でも読みたいお店かなあ。


ソファ席


お店の一角には、唯一のソファ席と、その前には本棚が。
ここで昼下がりの時間をダラダラ、じゃなくてのんびり過ごしたら、心身ともにゆったりできそう。


最近やたらとオシャレを意識した(でもハリボテっぽい)お店の出店が多い吉祥寺ですが、そういうお店より、町の雰囲気にしっくりくるカフェだと思います。

一人で、または気の合うお友達との歓談にお勧め。


あっ、そういえば、QWALUNCAの意味は分からずじまいでした…結局「クワランカ」って、なんなんでしょ?(笑)

クワランカ・カフェ

|

続・井の頭公園の紅葉が急に進んだ気がする(2016)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


今日こそ吉祥寺で新しいお店に…と思ったのに行けなかったので、半ばやけくそで、紅葉の話の続き!

今回は今朝(11月17日)の井の頭公園の様子ですが、ホントにね、紅葉が日に日に進んできちゃっている感じがするんですよ。つい四日前に、本格的な紅葉はまだのようなことを書いちゃったのになあ…スンマセン(苦笑)


続・井の頭公園の紅葉が急に進んだ気がする(2016)


なんかもう、カラフルだもんね~。

上の写真には水鳥たちが写っているんですが、パッと見ると色のほうに気を取られて、鳥に気がつかないですもんね。

もともと、水面に映る木々が好きなのですが、紅葉の時期と桜の時期は、ホントに幻想的…


印象派?


幻想的っていうか、「印象派の方(?)ですか」って感じ(笑)。


弁天様の御堂のそば、噴水に虹が現れていました。


弁天様と虹


もはや「色彩の出血大サービス」状態です。

紅葉が始まる時期って、景色がにぎやかだなあ…

でも、もう少し紅葉が進んで木々の枝が目立つようになると、シブい色調に変わって「冬が来る」って雰囲気になりますよね。その頃の風景も好きなんですよねえ。

桜~新緑の時期と紅葉の時期、井の頭公園は毎日見逃せません!


|

井の頭公園の紅葉が急に進んだ気がする(2016)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


井の頭公園の紅葉が急に進んだ気がする


二日前、本格的な紅葉はまだ先のようなことを書いたばかりなのですが。

今朝、雨上がりの公園を見たら、あれっ?となりました。

この二日で、急に紅葉が進んでいる気がする


見るところによって、まだまだ緑が多いのですが、それでも全体的に色合いが明るくなってきたような。


仲良しカモ


特に「紅葉が急に進んだ」という感を強くしたのが↓この木。


まだらのモリゾー


この七井橋のたもとの巨大なモリゾーが、緑から赤のグラデーションになっているんですよね。それも結構赤くなってる。


弁天様おきれい


わー、二日でずいぶん雰囲気が変わったなあ…

いつぞやみたいに「急に真っ赤!」というわけではないですが、今夜は強風が吹いていますし、明日の朝はまた風景が変わっていそう。


ジブリの案内板


とにかく天候不順な今年、いつが紅葉の見ごろになるか、わからないかも。

井の頭公園のいい時期、見逃さないでくださいね~ 
…って、まあ、しつこいようですが、井の頭公園は年中「いい時期」ですけど!


|

続・今朝の井の頭公園(水鳥)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


カモ休憩中


「今朝の」と書いていますが、昨日の続きです!

小春日和の朝、井の頭池では水鳥たちものんびりとくつろいでいました。

上の写真はカモなんですが、わかりにくいかな?池に張り出した桜の枝の上に、ズラリと並んで休んでいます。そういえば、春先も枝の上にいたよなあ…


一方、井の頭池名物の水鳥といえば!なんといってもスワンボート!


井の頭池の水鳥といえば!


や、これは生身じゃないですけどね(笑)

朝の散歩中、静かだったはずの池がいつの間にかボートでいっぱいになっていました(笑) 早々からボートに乗る人が結構いるんですね!


で、そのボートが、休憩中のカモに接近!


カモmeetスワンボート


上の写真は水面に写る影だけですが、皆さんけっこうぎりぎりまでスワンボートを寄せて攻めてきます。で、ボートから写真を撮っているようです。

うーん。カモは攻められるから水から上がって枝に並ぶのか、それともカモが枝に並ぶからスワンが攻めてくるのか(苦笑)。
枝に並んでいる姿は可愛いけれど、どデカいスワンボートに迫られるのは、なんだかちょっと気の毒(といいつつ、私も陸から撮ってますけど!)


この時期は、水鳥が水面の紅葉の中を泳ぐ様子も、なかなか良いですね。


紅葉と水鳥


上の写真の鳥は、真っ黒に見えますが、キンクロハジロのメスのようです。

この写真の注目は右側の鳥ですよ!カメラを向けたのと同じタイミングで、餌を見つけたのか、コポッと水に潜りました!


潜る瞬間!


ほら、ホントにシャッターと同時のタイミング(笑)

綺麗にウォータークラウンができています。潜りが上手なもんですね!


|

今朝の井の頭公園+旦那の飯テロ+「べっぴんさん」概要

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


今朝の井の頭公園


皆さまお元気でしょうか。私はかろうじて生きております。
急に寒くなったと思えば夏日に戻ったり、もー、BBAにはつらいっつーの!

そんなむちゃくちゃなお天気ではありますが、井の頭公園も少しずつ秋めいてきました。公園はいつも素敵だわ。


ちなみに旦那がまたまた不在です。で、しばしば飯テロ写真を送ってきます。


飯テロ1


飯テロ2


飯テロ3


「こっちは食べ物があまり…」「和食が食べたいなあ」とか言いつつ、くっそー、ハンバーガーでさえおいしそうじゃないの!


ハンバーガー


ちなみに、実際にはあまりおいしくなかったそうです(苦笑)


で、旦那が出先で意外なことを気にしているのです。曰く「今回の朝ドラは、どう?面白くなりそう?」と。

えーー(笑)

まあ、朝ドラは旦那の起床の動機づけになっているので(面白くても面白くなくても、BSでちゃんと見られる時間に起きる)重要なんだろうけど。

でも今回の「べっぴんさん」、展開が異常にはやいというか、「いきなり総集編」みたいですよねぇ。箇条書きで説明することになっちゃうなあ。


ということで!
旦那の予習用に、これまでのところをまとめました!(笑)

いや、まとめましたと言うか、登場人物の紹介だけで話の流れが分かっちゃうので、人物紹介だけなんですけど!

これから見ようかな、という人のご参考にも。(役に立つかね)

-------------

【旦那のための朝ドラ「べっぴんさん」概略】


すみれ 写真写り悪いなあ


◆すみれ:
このドラマの主人公。ドラマの開始当初は、一見ぼーっとして反応が鈍く、話ができない、やや発達障害ぎみ?な子どもだった。これは「自分の感情がうまく言葉にできないものの、内面に強い思いを秘めている」という設定によるものだけれど、役者さんの「ぼーっとした」演技がうますぎるのか、ホントにぼーっとした子にしか見えなかった…

子役からバトンタッチした後は障害(?)は克服し、控えめだけど芯は強そうな女性に成長。亡き母に教えてもらった刺繍が好き。
幼馴染の潔に失恋後、やはり幼馴染の紀夫と結婚、やがて出産。二週間の間に、子ども→女学生→初恋&失恋→結婚→夫出征→出産→疎開→終戦 というハイスピード展開。「とと姉ちゃん」の3か月分が二週間で終わった感じ。
今週は、疎開先を半ば追い出される→神戸の屋敷の焼け跡(の一部)に小屋を建てる→頼みの綱だった預金を凍結される→生活に困窮し、ついに大切な思い出の品まで売ろうとしたところで、「手作りの品」を作って売ってはどうかと提案される←今ココ


すみれの家族(主な人:役柄はすみれからみた関係)

◆母(はな):
美しくつつましく優しく働き者の、まるで世の男どもの理想(幻想)のような母。刺繍を通してすみれに「ものづくりの心」「べっぴん(別品)」を伝えるが、もともと体が弱く、第一週で早々に他界。以降は「残されたものを見守る」と称しナレーション担当。「ごちそうさん」のおばあちゃんのように途中で消えずに最後まで残れるか?ちなみに、すみれのモデルになった女性のお母さんは、本当は長生きしたそうです。設定自体が実話とかけ離れているのか!

◆父(いそや):
近江から出てきて一代で繊維会社「坂東営業部」築いた有能なビジネスマン&アイディアマン(やがて貴族院議員に)。若いころ実家の兄(すみれの伯父)に仕事の手柄を横取りされ、近江を離れることを余儀なくされたため、二人にはいまだに確執がある。(むしろ伯父のほうが弟の成功を妬んで逆恨みしている)。戦後、屋敷も財産も会社も全て失い意気消沈していたところ、長女の夫にはっぱをかけられる。

◆姉(ゆり):
明朗快活で気の強い姉。自分の意見をはっきり主張する現代的な女性。女子大で英語を学び、卒業後に潔と結婚、潔の家に嫁ぐ。ただし、生前母が父に「ここぞというときに押し切れない性格」という今後の展開をにおわせるセリフを伝えている。いわゆる「あおり耐性」は低いらしく、伯父のあおりにブチ切れ、疎開先を出ることに。現在大阪のバラック(?)で、旦那と共に商売再開の準備中。

◆夫(紀夫):
父と親しい貴族院議員の三男。すみれの幼馴染でもある。すみれ以上に「自分の気持ちを言葉で表現できない」人だが、実は幼いころからすみれを慕っていたストーカー、もとい一途な男。坂東家(すみれの家)を継ぐため入り婿となるが、すみれの出産を前に出征。多分もう戻ってこないんだろうな~。ちなみになんだかんだで夫婦仲は良好だった。

◆娘(さくら):
第二週の金曜日の回に生まれた(笑)。今のところ寝てるか泣いてるかどちらかで、疎開先でギャーギャー泣きまくってトラブルの種にもなるが、すみれが強く生きようとする原動力になっている(ということだろう)。「さくら」という名前は、出征前の夫が、「すみれ」と「ゆり」の名が母親の「はな」に由来することを立ち聞きして考えたもの。夫の「桜の花の中にたたずんでいた女学生時代のすみれを見かけ、心を奪われた」という思いも入っている。やだわー、やっぱストーカー気味だわー。

◆その他 坂東家の関係者:
執事の沖さん(ベタな吉本系ギャグ担当)、女中のきよさん(子ども時代からすみれを優しく見守ってきた)、疎開先の伯父(父の兄 商才がないのか、弟が開拓した取引先まで横取りしたのに、本家は豊かではない様子)、伯母(伯父の妻、すみれたちに冷たい)、近江の本家の嫁(すみれに意地悪だけど、実は言っていることは正しいという、NHK大阪の朝ドラにありがちなキャラ)、祖母(すみれに父母の苦労と成功の経緯を教えた以外はドラマの役に立っていない。息子の横暴を止めることもできないのはなんでかな~)
疎開先の人達は今後出てくるのかな~。あれだけの役回りなのかな~。


すみれのまわりの人(これまでのところの主な人)

◆姉の夫(潔):
すみれの幼馴染で、坂東営業部(父の会社)の社員の息子。のちに本人も坂東営業部で働くように。
明るく頼りになる兄貴分で、すみれの初恋の人だが、すみれが自分の気持ちに気づいたのは潔が出征する直前という遅さ。やはり子どものころから慕っていた姉の逆プロポーズ成功により、すみれは自動的に失恋。
その後潔は出征するも、沖縄戦を経験しながらやたらと元気溌剌戻ってきた。で、すぐ、坂東営業部再建のため大阪(バラック)に居を移し、現在準備中。この人はタフなのか何なのか、首が前しか向かない仕組みなのか。今後、実は内面は…という展開があればいいけど、このままだとちょっとなあ。

◆麻田さん(靴職人):
坂東家の信頼の厚い靴職人で、幼いすみれに「職人のなんたるか」を強烈に印象付けた人。若かりし母が、麻田さんの靴の履き心地に惚れ込み、生前、すみれたちの人生の門出にも、と靴を頼んでいた。戦後の混乱で生活に困窮したすみれに、手作りの品(刺繍)を作って売ってはどうかと提案する。

◆女学校時代の友達:
すみれと手芸部を結成していた良子と君枝。良子はおませ。君枝は体が弱く気は意外と強い(笑)。
そのほか、友達ではないが、美人で高飛車ですみれたちに意地悪な悦子。悦子の役者さんは栗山千明(「カーネーション」ではいけずなお嬢役)似の美人。NHK的には「金持ちの意地悪お嬢」はこの手の顔なのか?
戦後、悦子は一人娘を養うためにキャバレー勤めに(こんなところも栗山千明の役と一緒じゃ!)。キャバレー前で、職を探してうろうろしていたすみれを見かけ、「ここに来るのはもう最後だよ」と諭す。ま、まさかこのためだけの役!?違うよね??

◆あけみ:
坂東家の女中の娘で、やがて看護師になる。幼いころ訪れた坂東家のお屋敷で、お菓子を盗み食いしたと他の女中に叱責されたこと、坂東家が雇用人を減らしたときに母親も職を失ったことから、すみれに逆恨み的な感情がある。英語もできるので、今後の展開に関係しそう。

◆岩佐:
今日出てきた人(笑) 潔の友人で、今日偶然再会(笑)、すみれを一目見てはっとする(理由はまだ不明)。今後すみれを支える役回りらしい。 

-------------

ちなみに視聴率は、先日、「まれ」以来初の20パーセント割れになったそうです(苦笑)
だってさあ、この速さ、主たる視聴者のお年寄りはついていくのが大変だよ??

ということで、(この速さで進んで)これからどうなるんだろう…という、普通とは違うハラハラ感。この先がどうなるか、楽しみです(笑)


|

より以前の記事一覧